2011年08月17日

初・富士山登頂!

Sunrise_at_FUJI_1.jpg

先週、研究室の仲間と御来光を見に富士山へ登ってきましたわーい(嬉しい顔)
夕方に新宿を発つ高速バスで富士山五合目までバス

20時半に五合目に到着した後、1時間半ほど高山慣れして、イザ登山開始足
22時前に五合目をスタートし、六合目までは平坦な道や下り坂が続きましたバッド(下向き矢印)

その六合目までは1時間弱で到着したのですが、登頂への道は六合目からが本番手(グー)
七合目に至るまでロッククライミングこそ無いものの、上り坂が永遠続きますグッド(上向き矢印)

やっとの思いで七合目に到着したのが24時前。ここからが真の体力勝負ダッシュ(走り出すさま)
ロッククライミングのような嶮しい岩を登ったりあせあせ(飛び散る汗)
段差が有る無数の階段を目の前にしたりたらーっ(汗)

八合目までが非常に遠く感じました…到着が26時頃だったでしょうかふらふら
そこから九合目までは、軽く岩場があるものの、寧ろ滑り易い砂の上り坂グッド(上向き矢印)

しかし高山慣れしていたとは言え、空気の薄さに頭痛を発症し始めたりがく〜(落胆した顔)
急に気温が下がった事で、休憩が休憩に成らなくなったり台風
それでも、バナナを口にほうばり、何とか栄養補給猫

ふと夜空を見ると、綺麗な北斗七星や冬の星座オリオン座が見えたりぴかぴか(新しい)
そして遠くの方に見える夜景も、僕の背中を押してくれましたるんるん
そして決して諦めない!という信念の下(笑)何とか九合目まで右斜め上

因みに八合目からは、下山道へ抜ける道が有り、
八合目までなら、リタイア可能みたいですひらめき

時は既に28時前。御来光まで約一時間…がく〜(落胆した顔)
九合目からも嶮しい岩場と多くの階段が待ち伏せますあせあせ(飛び散る汗)

しかし日の出前に頂上へ行きたい思いと最後の力を振り絞って…パンチ
日の出直前の5時前に何とか御来光を拝めました晴れ
初登頂は、約7時間強という結果になりました時計

Sunrise_at_FUJI_3.jpg

その時収めた写真と先輩に戴いた写真をアルバムに残しましたカメラ
当日は五合目で小雨が降ったり、日の出直前まで雲が出たりしてましたが曇り
聖なる力(?)が働いたのか、御来光は何とか見られました!是非見てみて下さい目

Sunrise_at_FUJI_4.jpg

そして皆さんも、富士山登頂にチャレンジしてみて下さいexclamation×2
普段ほとんど運動しない僕でも、気力とバナナで何とか成功できたのですからグッド(上向き矢印)

個人的に思ったポイントは、腹式呼吸と小まめな休憩です手(チョキ)
…でも僕はもう十分かな(苦笑

Sunrise_at_FUJI_5.jpg

…しかし調子に乗って、頂上で30分しか休憩を取らなかったせいでふらふら
下山に4時間もかかってしまったのは、大いなる反省点…ですもうやだ〜(悲しい顔)
駆け足で降りようにも砂地が滑って転びやすいし、何より眠気が眠い(睡眠)
フラツキながら倒れそうになりながら何とか下山…バッド(下向き矢印)

ただマスクにサングラス、帽子に長袖と日焼け対策はバッチリしたので手(グー)
日焼けは殆どせず帰ってくる事が出来ました〜犬

そして筋肉痛が2〜3日取れなかったのが非常に辛かったです(苦笑
以上が、僕の富士山登頂日記です夜
長文ですが読んでくれた方、有難うございます黒ハート

Sunrise_at_FUJI_6.jpg

【iTunes Set List BEST In This Week】
Burned 07/LIGHT BRINGER
Father Time/Stratovarius
Thank You, Pain/The Agonist
Metamorphose/Asriel
The Skies Above/Black Mages
---
YUIわーい(嬉しい顔)
posted by Dai at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | YUI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220729865

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。