2011年08月06日

LOUD PARKのヘッドライナーは

まだ決まってませんよね!?WHITESNAKEではないらしいんで。
他のアーティストも早く発表して欲しい。


DIR EN GREYの待望の新譜DUM SPIRO SPEROが異様に評価が高いですよね〜。
まだ未聴なんですけど、楽しみです。

それと日本の山口県生まれのキイチ率いるTRIVIUMの新譜も発売されました!LOUD PARKにも来るしこっちも要チェックですよね。

今はPain of Salvationブーム!やはり3〜5の3枚のアルバム、「The Perfect Element,part T」「Remedy Lane」「BE」が神ですね。
やはり最初のほうにDREAM THEATERと比較されたため、ジャンルがプログレッシブメタルとカテゴライズされてますが、クラッシック、70年代ロック、ラップ、テクノ、ミュージカル、民謡、フォーク、デスボイス、クリーンボイス、クワイア、転調、変調、変拍子などなど、どんな要素でも取り入れPain of Salvationのフィルターを通して表現する。ある意味究極のミクスチャーです。なのでカテゴライズする事自体無意味。

それを率いる天才完璧主義者ダニエル・ギルデンロウ。
1984年、ダニエルはわずか11歳にして「Reality」というバンドを結成する。
1987年の秋、Sweden音楽大賞“Rock-SM”に史上最年少でノミネートされ、
この時、ダニエルは14歳にして、Best・Vocal賞を獲得するという天才ぶりを発揮する。
しかも人智が遠く及ばぬ狂気の思考回路の持ち主でPOSの世界観の全ては彼が作り上げている。よって作詞作曲編曲、構成、アートワーク、プログラミング等全て彼が行っているワケである。
他のミュージシャンの追随を許さないため、あまりに突出しすぎたあまり、聞き手も置いていかれて追随する事を許されないのか?というくらい理解するのが難しい音楽はマニアックな心をくすぐるw
こんな激押ししてるボクでさえもダニエルの考えの半分も理解できてないのではと思ってしまう。それほど深い。

その1つの完成形であるLIVE DVD「BE」はとてつもないモノで、LIVEというよりは1つの映画を見ているような感覚。人間の「存在」の起源をテーマにしたこのコンセプトアルバムはあまりに凄すぎます・・・

昨今の音楽にマンネリを覚えているなら、一度は聞いてみてほしいです。

というワケで明日のHUB渋谷2号店はPain Of Salvation祭りなんで異様な雰囲気かもね(笑)




知っての通り、元日本代表の松田直樹選手が亡くなりましたね。
まだ34歳という若さで、生涯現役を貫くためにチームを移ってすぐの悲劇。
ボクのサッカー熱が最も高かった2002年日韓ワールドカップの時に日本代表の守備の要として活躍してた選手だっただけに、ショックでした。

誰でも突然死に到る可能性はあるというのを痛感しました。
だからそれまで悔いの残らないように全力で生きなければならない、むしろそれを皆に伝えるために神に選ばれ向こうの世界に連れて行かれたのだと、そんな極端な考えが浮かんでしまうくらい、衝撃的でした。

ご冥福を祈ります。


[Play List]
The Perfect Element,part T/Pain of Salvation
Remedy Lane/Pain of Salvation
BE/Pain of Salvation
Scarsick/Pain of Salvation
12_5/Pain of Salvation
posted by Dai at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218763156

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。