2011年05月18日

BLACK SWAN

観てきました〜!最近御用達のヒューマントラストシネマ渋谷w
やっぱり映画のセレクトが秀逸だもんね〜
次はハビエルバルデムのBEAUTIFULが観たいかな。。

まずはSTORY
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦であった。さらに黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー、リリー(ミラ・クニス)の出現も、ニナを精神的に追いつめていく。やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われていくのだった……。(goo映画より抜粋)

これは人によっては下手なホラー映画より身体に悪いと思う!結構痛いシーンやグロいシーンがあります。
しかしそんなモノより何より心にズシリと来るのは主人公ニナの抱える途方もない心の闇。
とにかくこの映画はアカデミー賞主演女優賞を獲得したナタリーポートマンの圧倒的で鬼気迫る演技が強烈!典型的な優等生タイプの才能溢れるバレリーナが大役のプレッシャーとライバルに役を奪われるんじゃないかという焦燥感から精神的に崩壊していく様を切なくも痛々しく、終始絶望感溢れるオーラで演じている。
この映画には明るいシーンや微笑ましいシーンなど一切なく観ている人はただただニナと共に暗闇のどん底に堕ちていくのを感じると思う。
ダーレンアロフノスキー監督でボクのお気に入りのレクイエムフォードリームのエレンバースティンに匹敵するほどの怪演だと思います。
雰囲気も栄光を得るために過度のストレスやプレッシャーで精神を崩壊していくという点でも似てますね。
あの時はエレンはアカデミー賞にノミネートされながらも獲得する事はできませんでしたが、今回ナタリーがリベンジしたカンジでマジよかった!w

そしてダーレンアロフノスキーは相変らず登場人物の心理的描写を描くのが上手い!観ている人にダイレクトに心の闇が伝わる!
もちろん演技者のチカラもあるけど監督の演出もスゴイ!
映画は暗く重い雰囲気で突き通し、エンターテイメント性は完全に省き、悲壮感に包まれた作品に仕上げてます。音楽を担当したダーレンアロフノスキー御用達のクリントマンセルのチャイコフスキーの曲とストリングスを多様した仕事っぷりも見事です。

共演した振付師のヴァンサンカッセルやライバル役のミラクニス、そしてニナに異常な執着心を示す母親役のバーバラハーシー、ヒサビサに見ましたねウィノナライダー等の演技ももちろん完璧でした。

これは全ての映画好きに勧められるような作品ではありません。
観る人にもそれなりの覚悟が必要な作品です。
見終わったあとには終始張り詰めた緊張から解放され、ありえない脱力感に襲われると思います。エンドロールの曲にしばらく身を委ねたくなります。

少しでも気になったら是非見てください。


[Play List]
Eclipse/Amorphis
Silent Waters/Amorphis
Skyforger/Amorphis
Relentless Reckless Forever/Children of Bodom
Hate Crew Deathroll/Children of Bodom
posted by Dai at 10:21| Comment(2) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
主役の演技がすばらしいって新聞に載っていましたよ。
元々クラシックバレエの経験者らしいですが、その演技には鬼気迫るものがあるとか。

お嬢様イメージの女優がどう闇の部分を演じるのか見どころ、ですかね。
Posted by ワニのコ at 2011年05月21日 00:06
そうですね!
極端な話ナタリーポートマンのワンマンショウとも言ってイイくらいw
それほどの圧倒的存在感でした。
ハッピーってカンジの映画ではないんですが、名作ですよ!
Posted by DAI at 2011年05月21日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/202016546

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。