2011年03月29日

自由気ままな色々紹介 Vol.10

今回で何気にこのコーナーも10回目。

いや〜われながら良く続けられたモンです。

そんなわけで、今回は趣向を変えてネット上で出回っているショートストーリーを紹介したいと思います。

これは一見すると普通の怖い話なんですが、実は隠されたオチがあり、それを知るとさらに恐怖が促進されたり、ブラックジョークになってたりするというものです。

なかには暗号になってるのもあるんですが、今回紹介するのは比較的簡単なやつです。

ではお読み下さい


友達と二人で話してたら、
久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、
近くの山道に惨殺事件があってからも
未だに取り壊されず残されてた民家があるので夜中に行ってみた。
玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の部屋、階段から二階へ行き、
子供部屋からベランダ、母親の部屋、階段を降りて一階へ。
最後に家をバックに一人ずつ。片っ端から写真撮って帰った。

んで今日。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。

何も写ってないのだ。
もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「・・おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」
「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、一軒あるから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする


オチはお分かりいただけたでしょうか?

ネット上にはこういうストーリーが結構沢山出回っています。

もし興味があったら是非探してみてください!

ではでは!
posted by Hiroshi at 05:39| Comment(3) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すんません!オチがよくわかりませーん(^-^;)
読解力不足です・・・お恥ずかしい(汗)
気になるので解説お願いしますm(__)m
Posted by corin at 2011年03月29日 22:33
これはまず最後の、「かなり久しぶりだから」というセリフに注目するのです。
つい先日写真を撮りに行ったばかりの筈なのに久しぶり、というセリフはおかしいのです。
つまり彼らは心霊写真を撮りに行くのではない、ということです。

で、最初の方の廃墟でのシーンで、彼らは「父親の部屋」「母親の部屋」「子供部屋」などと、廃墟のはずなのに事細かく知っているのです。
なぜ彼らがこれらの事柄をしっているのか。

もうおわかりですね?

つまり彼らは惨殺事件の犯人で、今夜その民家を襲いに行こうとしているのです(恐)
Posted by HIROSHI at 2011年03月31日 03:02
解説ありがとうございました。

私は最初の→友達と二人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、←の部分で、二人で話してるのに「誰かが言い出した」にひひっかかり、言い出したのが人間ではないのか?とか色々考えてしまいましたf^_^;

それにしても・・・星新一さんのショートショートみたいにゾクッとして面白いですね(b^ー°)
Posted by corin at 2011年03月31日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。