2010年04月15日

ネタがNEeeeeeee

eeeeee!!!!
ライブネタはIkkaとSeijiに奪われるし、必殺のラーメンネタも近頃ラーメン食ってないしでブログが書けん・・・

てなわけで初心に戻ってお勧めアーティストでも書きますかね〜!

まあ最初はメジャーなとこで行きましょうかね〜!


今回紹介するのは自分も多大な影響を受けたブラジリアンメタルの雄ANGRAです!


ANGRAは元VIPERのアンドレ・マトスを中心に、ブラジルのローカル・バンドSPITFIREのラファエル・ビッテンコートとマルコ・アントゥネス、ジャズ・バンドでプレイしていたキコ・ルーレイロ、サンパウロを拠点に活動していたバンド、FIREBOXのルイス・マリウッティの5人で1991年に結成された。

ANGRAとはブラジルの神話で“火の女神”を意味するという。翌92年にデモを制作し、93年7月からアルバムのレコーディングに入り、93年11月に「ANGELS CRY」でデビュー。VIPERの「THEATRE OF FATE」が日本において大ヒットを記録していたことによるアンドレ・マトスの知名度の高さ、キコ・ルーレイロの華麗なギター・テクニック、そしてヘヴィ・メタルとクラシックを融合させた独自の音楽性でアルバムは10万枚を超えるセールスを記録、一躍人気バンドに。

新ドラマー、リカルド・コンフェッソーリを迎えた編成で2ndアルバム「HOLY LAND」を96年3月にリリース。このアルバムではクラシックの要素に加え、ラテン、ブラジル音楽のエッセンスをも取り入れて、独自のアイデンティティを確立させ、日本、ヨーロッパ、南米で独自の地位を築き、翌97年1月には初来日公演を成功させた。

98年8月にクリス・タンガリーディスをプロデューサーに迎えた通算3作目「FIREWORKS」を発表。12月には再来日公演を行ったものの、2000年8月にバンドの創設者でメイン・ソングライターのアンドレ・マトスがリズム隊のルイス・マリウッティ、リカルド・コンフェッソーリーと共に脱退し、新バンドSHAMANを結成する。

この脱退劇はバンドを解散寸前まで追い込むことになる事件でした。何しろバンドのブレインでもあるマトスだけでなく、ベースとドラムのリズムセクションまでも抜けてしまったんですからねぇ〜・・・しかも脱退の事実を残りのメンバーであるキコやラファエルよりもファン達の方が先に知っていたというから驚きです!このふたりのショックは押して図るべしです。

しかし彼らは諦めなかった!地元ブラジルの実力者リズムセクション、フェリッペ・アンドレオーリ、アキレス・プリースターそしてアイアン・メイデンのヴォーカル・オーディションで最終審査まで残ったというエドゥ・ファラスキを迎え「REBIRTH」というアルバムで文字通り不死鳥のごとき「再生」を果たします。

このアルバム本当に素晴らしい出来です。自分はこのアルバムを聴いてANGRAにはまったと言っても過言ではありません!マトスの後任である新ヴォーカリストのエドゥのプレシャーは半端じゃなかったと思います。しかしこのアルバムで聴かれる堂々とした歌いっぷりはそんなことは微塵も感じられません。楽曲もバラエティー豊かでまさに非の打ち所の無いアルバムだと思います。

そしてそれに続く最新アルバムが2004年09月08日に発売されました!その名も「TEMPLE OF SHADOWS」!新生ANGRAの第二段ということでファンの期待の高まる一方前作が名作であると次回作は駄作であるという魔のジンクスによって、不安も大きかった時期でした。しかしやはり彼らは我々の期待を裏切ることはなかった!

この作品楽曲のヴァリエイションもさらに広がり、プログレッシヴな要素、ブラジル音楽、オーセンティックなヘヴィ・メタル、、、様々な要素、自らのルーツをさらに掘り下げ、楽曲にはさらなる磨きをかけた新作は、言ってみれば前作で「再生(Rebirth)」した彼らが「再出発」(Re-Start)する一枚と言ってよいと思います。今までのANGRAらしい”Spread Your Fire”, “Winds Of Destination”、プログレッシヴな新境地を切り拓く”Angels And Demons”、自らのルーツ、ブラジル音楽をさらに掘り下げた”Late Redemption”、ANGRA史上最速曲という”The Temple Of Hate”他全編に渡って聴きどころが多い超傑作となっています!

そして2006年に通算6枚目となるアルバム『Aurora Consurgens』を発表しましたが、現在はプロダクションの関係で活動がうまくいってないようですね〜!早く次ぎのアルバムを聴きたいもんです!


と、まあかなりの長文になってしまいましたが、ANGRAというバンドはこんなもんじぁマダマダかたりつくせません!兎に角聴いてみれば彼らの音楽性の幅広さが分かってくると思います!
youtubeは彼らの代表作「Temple Of Shadows」からSpread Your Fireです!

では今回はこんなところで!
posted by Hiroshi at 05:22| Comment(4) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アンディフィートのブログを読むようになってから何か色々と勉強させてもらってる気がします。ANGRAもそこまで詳しくなかったんで、色々と聞いてみようと思います!
Posted by ラピス at 2010年04月15日 14:16
お〜是非聴いてみてください!
ANGRAは個人的にボーカルが変わる前より変わった後の方が好きですね〜!
ハイトーンに関してはアンドレ・マトスの方がすごいんですが、やはりパワーがエドゥ・ファラスキの方があるんで。表現力も彼の方が上だと思います!
Posted by HIROSHI at 2010年04月16日 12:58
メジャーどころも知りませんでした。
好きなバンドの歴史も詳しく知っているんですね!
私は曲をひたすら聴いて、メンバーの名前すら知らないってコトがよくあります。
(※UNDHIFEATの皆さんの名前は知っています!)

メロスピ(?)は関係ありますか?
以前、取引先の方が
「メロスピが好き」と言っていました。
その方、携帯のストラップがドクロでした。
メタル系なのかな?と今になって思ったのです。
Posted by ワニのコ at 2010年04月16日 22:57
お〜名前覚えてくれて光栄です!
俺も実は超好きなアーティストくらいしかメンバーの名前知らないことが多いです。
特に外人なんて名前似てるひと結構いますからね〜・・・
メロスピはメロディックスピードメタルの略で、なにを隠そう我らアンディフィートがそのメロスピなんです!
因みにANGRAも結構メロスピに近いかもです!
Posted by HIROSHI at 2010年04月17日 02:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146569494

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。