2011年10月17日

昨日は

日本が誇るメタルの一大イベント、LOUD PARK 11にうちのヴォーカルのDAIと行ってきました!

ライブの詳細はDAIがきっと長々とレビューを書いてくれるはずなんでそちらに譲りますわ〜(笑)

LOUD PARKは正統派のヘヴィメタルに加え、スラッシュメタル、メタルコア、デスメタル、メロディックスピードメタル、ゴシックメタル、ハードロック、ロックンロールなど、多彩なサブジャンルを包括するヘヴィメタルの総合的なフェスティバルで、メタルファンは勿論のこと、最近ではメタルファン以外の認知度も高まってきているようで、俺の周りにも知っている人達が増えてきています!

この調子でどんどん認知度を高め、メタルを世に広めていって欲しいです!

頑張れクリエイティブマン!

今回の最大の特徴としてはやはり、東日本大震災と福島第一原子力発電所事故の影響からか、普段は2日連続で開催されるフェスが1日のみの開催となったことですね。

ただその分1日に集客は集中したんじゃないかと思います。実際俺も最初の06以外は1日のみの参戦ですしね。

またラインナップに関しても、ハードロックバンドを中心とする布陣でありながら、ヘッドライナーのみラップメタルバンドのリンプ・ビズキットであったことが大きな不評を買っってしまいました。

こうした背景から若干の不安を抱えての開催ではありましたが、やはり期待を裏切ることなく大いに楽しいフェスでした!

1日に集約された為か、アーティストは粒ぞろいだったし、皆勤賞のマイケル・アモット率いるアーク・エネミーは相変わらず最高でした!

次の日は早くも筋肉痛でしたよ(笑)

しかしそんな中、ラストのリンプ・ビズキットだけは開催前の不安が的中してしまいました。

彼らは音楽技術やパフォーマンス、セールス的にもヘッドライナーとして十分なものをもっていましたし、ギターのリフもかなりヘヴィでメタルの要素も多分に含んでいる良いバンドなんですが、いかんせんLOUD PARKというフィールドでは厳しい戦いになったんではないかと思います。。。

いかんせんアンチが多すぎます(汗)

そしてアンチに影響され、先入観でダメなバンド、嫌いなバンドと判断してしまった人達もかなりいたように思います。

メタルというジャンル自体がかなり先入観をもたれてしまうジャンルで、メタラー達の中にはそれを歯がゆく思っている人が大勢いるという状況の中で、そのメタラー達が先入観で他ジャンルを見てしまう、というのはなんとも皮肉な話ですな〜〜。

我々はメタルをお茶の間に導く存在として、様々な音楽に対して先入観を持たずに接する姿勢を崩さずに行きたいもんです。

ホワイトスネイク後の客の引きっぷりは半端じゃなく、流石にリンプ・ビズキットが可愛そうになってしまいました・・・

彼らは今回はメタルフェスのトリであることを十分承知し、それを意識したパフォーマンスをしていたらしいのにこの仕打ち。

う〜む、ぶっちゃけ完全に人事ではありませんね〜。

俺らも散々アウェイでライブをやってきて、そのつらさは十分わかってしまうのです(笑)




まあなんにしろ楽しいフェスだったことに変わりありません!!

来年もこのまま縮小なんて事にならずによりビックに開催して欲しいです!

それではこの辺で。

ではでは!!
posted by Hiroshi at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。