2011年05月03日

時事的話だけど

先日、約10年前にアメリカの貿易センタービルで自爆テロを起こしたアルカイーダの主犯格とされる、ウサマ・ビンラディンの殺害に成功したと、合衆国が発表したけど、何か心中穏やかじゃないというか、これで終わるハズがないと思ってんのは、俺だけじゃないと思う。


これが更に引き金となって、残された残党達がどんな行動に出るのか、正直かなり不安は募るなぁ…。


何せ身体中に爆弾つけて、特攻することすら厭わない連中だから、それこそ次はどこがテロの対象として狙われるのか分かったもんじゃないからね。


当然あのニュースが流れてから、いたる所で警戒はなされているだろうけど、二度と起こらない保証は何もないわけであって…。


まぁ何ができるってわけでもないんだけど、日本も例の地震でかなり弱ってる状況だからね〜、日本も少なからず警戒を強めるべきだろうけど、なかなかに難しいだろうな(+_+)


まぁホントに今後の動向には注目って感じで、これ以上深い傷痕が増えない事を願うしかないか…。


毎日毎日、何かしらの出来事があるもんだなぁ(笑)
posted by Seiji at 21:53| Comment(3) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詠春拳

なんだか、昔のジャッキーチェンの映画のタイトルみたいですが、実はこれ、香港のスチュワーデスの使う格闘技なんだそうです。

香港航空ではこのほど、酔っぱらいや乱暴な乗客への対策として、全客室乗務員にカンフー(中国拳法)の訓練を義務化したそうです。

カンフーの中でも近接戦闘に優れた「詠春拳」の訓練を受けさせているという。

香港航空広報によると、同航空の路線では乱暴な乗客とのトラブルが週3件のペースで起きているそうです。

詠春拳は、狭く密閉された空間で使うことができる拳法なんで、機内では最適なんだそうです。

戦うスチュワーデスなんて、いかにも映画の題材になりそうですよね〜!

俺は一瞬そういう映画は新たに製作されているのかと思いました(笑)

俺の中の香港、中国のイメージはみんなカンフーの達人、みたいな感じだったんですが、あながち完全に間違っているわけではないのかもしれませんね〜!

とにかく香港空港を利用する際は、スチュワーデスさんには逆らわない方がみのためですね。

ではでは!!

posted by Hiroshi at 02:43| Comment(2) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。