2011年04月05日

4月入って

ようやく春らしい気候になってきましたね♪まだ風は冷たいですが、春の風物詩といえる桜も徐々に開花してきて、今週半ばから週末にかけて満開になるようです。


なので時期的には先日中止になった花見オフ会は、まさにドンピシャだったと言えますが…、残念ですが仕方ない(__)


そして花粉ってまだ飛んでるんですなぁ(笑)昨日のスタジオで、メンバーが辛そうにしてましたけど、例の地震の話題があまりにも多くて、最近花粉の話をあまり聞かなかったからか、スッカリ忘れてました(^_^;)


バンドはある程度自粛ブームに間接的に影響を受けて、しばらくはライブやオフ会が中止になったり、スタジオリハもできなかったりすることがありましたが、ようやっとこさいつも通りの活動に戻ってきました!次回ライブに向けてのリハも順調です♪


そんなUNDHIFEATの次回ライブは、かなり前回から間が空いてしまいましたけど、5月11日(水)に、渋谷O-WESTで行われます!これは予定通りの開催です!


いやぁ、自粛ブームに便乗して、不謹慎を語る人達には申し訳ないですが、当日は何も考えずに、俺達はハッチャケますよ(笑)最近の色々なストレスや忍耐を、全て爆発させます!奇しくもCLUB CITTA'川崎でのライブが延期になったため、次回こそが久しぶりの5人体制でのライブになりますし、思う存分暴れますので、お客さんにも同様のテンションで臨んでいただきたいと思います♪


つーか、来ないと損すると思う(笑)


今から予定の調節をお願いしますよ〜!
posted by Seiji at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイプリルフール

皆さん今年のエイプリルフールは、なにか嘘をつきましたか?

俺はブログ等で何か嘘をついてやろうと思っていたのですが、すっかり忘れてしまいました(笑)

エイプリルフール とは、皆さんご存知のように毎年4月1日には嘘をついてもよい、という風習のことです。

しかしエイプリルフールの起源は全く不明なのです。

いつ、どこでエイプリルフールの習慣が始まったかはわかっていません。

有力とされる起源説はいくつかありますが、いずれも確証が無いことから仮説の域を出ていないのです。



曰く、その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。

これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。

しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていいた。

フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れない為に、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。

これがエイプリルフールの始まりである。

そして13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」を祝い、その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれた。

その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなったが、「嘘の嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていった。



というものや、インドで悟りの修行は、春分から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もあるそうです。


このようにエイプリルフールの起源はフランスやインドという説が有力です。

しかしそこで一つ、俺は疑問に思ったのです。

エイプリルフール(April Fool)って英語じゃん??



謎は深まるばかりです・・・(笑)

ではでは!!
posted by Hiroshi at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。