2011年04月11日

1ヶ月

昨日はしゃぎすぎて本日頭重い鼻は壊滅、身体もだるさマックスで熱もあるでってなもんで死にそうになってました。
んどもIkkaです(・゚ω゚・)

都知事選石原さんでしたね。ひでおくんと会長だめでしたね。
共産党は相変わらずトンチンカンな事しか言ってなかったけどね(-_-)
そういえば昨日の帰りは渋谷にドクター赤松とマック赤坂いた。ドクター演説しててマックは若い子たちと写真撮ってた。

んまそらどーー…でもいいことですわな(-_-)


なんかね…人間の強い部分や弱い部分を幾度となく見てきた1ヶ月でしたね。

もう1ヶ月経つんだねぇ…

でもやっぱり日本て素敵って、沢山思えたね。

別に偽善者みたくなりたくねーからあれはどぉでこぉでって事はもぉ言わねーです。

まぁ、あくまでも個人的な独り言なブログなんでね、俺に関して言えばね。

posted by Ikka at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

今日は花見〜

の予定でしたが、狙ったかのように今日だけ雨。。。

ってワケでもちろん中止です。

悔しいのでバンドのメンバーで昼から酒を飲みに行きます(笑)

つい先日宮城沖での地震があってから、また余震が多くなってきた気がします。

でもこれに負けずみんな過度な自粛は避けましょう〜!

ガンバレニッポン!

・・・でも飲み過ぎは注意(笑)
posted by Dai at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

今年は飛躍の年!…のはずだ

昨日震災から約一ヶ月というところで、また大型の余震がありましたね…。M7.4、宮城県で震度6強、都内でも震度3〜4ということで、久しぶりに大きな揺れを感じました。

被災地の方々は、3月11日の悪夢の再来を感じて、生きた心地もしなかったと思います。本当に悲しいことです。一刻も早く落ち着きを取り戻せる日が来るのを切に願う他はありません。
っていうか、震度6とか、もう既に余震のレベルじゃないよね。普通に大型の地震だよね。もう感覚がおかしくなりそうだっつーの(-.-;)



あ、そうそう、mixiのコミュニティーとオフィシャルに、5月11日のライブ情報がアップされてますので、確認してください!次回のライブは予定通り開催いたします!このマイナスの雰囲気を全て取っ払うくらいに派手に暴れてやっから、元気つけたい人は是非♪


そして明日は元来バンド主催の花見の予定を立てていた日ですが、あろうことか予報は雨です(T_T)それもまるで狙いすまされたかのように、明日だけ見事に雨です(T_T)

…ということは、元々危険な日だったという事で…。こんな形でも中止が功を奏してしまったのは何だか複雑な気分です(笑)

しかしもちろん中止を前提に話を進めていたわけではないので、メンバーは全員予定を空けてしまってます。




…つーことで、明日はバンドメンバーだけで昼間っから酒をカッ喰らいに行きます(笑)メンバーの懇親も兼ねたちょっとしたヤケ酒ですね。まぁこれはこれでアリ…かな(^_^;)
posted by Seiji at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉

花粉の季節もそろそろ終わりを告げようとしているのにも関わらず、今だに花粉を感じてしまいますね〜・・・

早く平穏を取り戻したいもんです。

やはり俺はヒノキもあるのかな〜。

そういえば今日はやたら大きな地震がありました。

なんとマグニチュード7.4だそうです。

普通に阪神大震災よりデカイです。

みなさん大丈夫でしたか?

この地震は余震らしいんですが、最近も相変わらず余震が続きますねー

皆さん油断せずに、しかし気にし過ぎず日々を過ごしていきましょう。

ではでは!!
posted by Hiroshi at 04:49| Comment(2) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

春の陽気に誘われて〜

桜さん咲いてきましたね〜!これならマジで今週末が満開では?

しかしながら雨さんもやってきそうな予感w

なんとか持ちこたえてほしいです!

そんなこんなで昨日BURRN!が発売しまして、いろいろ見てたのですが、

The Darknessがオリジナルメンバーで再結成というのが一番目をひきました!

これはクィーンのフレディマーキュリーのような全身タイツを身にまとったボーカルのジャスティンホーキンスがとにかくオモシロイ(笑)

確かイギリスのクィーンのモノマネコンテストで優勝したとか・・・

ですがもちろんタダの色物集団ではなくキャッチーな歌メロと絡みつくようなジャスティンの歌声が

なんとも言えない中毒性を生むのです。

もし聞いた事がない方は是非見てみてください!



しかし未だ収束の兆しを見せない原発問題で、海外のアーティストのライブが次々中止になってますね。

音楽というのは人に様々なチカラを与えるもので、ポジティブな気持ちにさせたり、ガッツを与えたり、癒したりなどなど、

特にLIVEはやっぱりバンドから直接そのパワーをもらえるのでCDなんかとは比べ物にならないくらいチカラを与えてくれる。

ボクみたく音楽が生活の大きな部分を占める人間には、その機会がどんどん失われ、プロモーターなどが潰れていくのは耐えられません。

そんな中で僕らは5月11日(水)に演奏する機会を与えられたワケです。チャリティーをやろうなんて仰々しい事なんて言いません。

僕らは僕らのできる範囲で音楽のもつパワーをその場にいるお客さんに伝えるだけです。

願わくば今の日本のためにみんなが自分にできる事をできる範囲でやっていくチカラになれば嬉しいですね。

というワケでちょっとマジメな話しちゃいましたねww

今日も一日がんばろー!
posted by Dai at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

4月入って

ようやく春らしい気候になってきましたね♪まだ風は冷たいですが、春の風物詩といえる桜も徐々に開花してきて、今週半ばから週末にかけて満開になるようです。


なので時期的には先日中止になった花見オフ会は、まさにドンピシャだったと言えますが…、残念ですが仕方ない(__)


そして花粉ってまだ飛んでるんですなぁ(笑)昨日のスタジオで、メンバーが辛そうにしてましたけど、例の地震の話題があまりにも多くて、最近花粉の話をあまり聞かなかったからか、スッカリ忘れてました(^_^;)


バンドはある程度自粛ブームに間接的に影響を受けて、しばらくはライブやオフ会が中止になったり、スタジオリハもできなかったりすることがありましたが、ようやっとこさいつも通りの活動に戻ってきました!次回ライブに向けてのリハも順調です♪


そんなUNDHIFEATの次回ライブは、かなり前回から間が空いてしまいましたけど、5月11日(水)に、渋谷O-WESTで行われます!これは予定通りの開催です!


いやぁ、自粛ブームに便乗して、不謹慎を語る人達には申し訳ないですが、当日は何も考えずに、俺達はハッチャケますよ(笑)最近の色々なストレスや忍耐を、全て爆発させます!奇しくもCLUB CITTA'川崎でのライブが延期になったため、次回こそが久しぶりの5人体制でのライブになりますし、思う存分暴れますので、お客さんにも同様のテンションで臨んでいただきたいと思います♪


つーか、来ないと損すると思う(笑)


今から予定の調節をお願いしますよ〜!
posted by Seiji at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイプリルフール

皆さん今年のエイプリルフールは、なにか嘘をつきましたか?

俺はブログ等で何か嘘をついてやろうと思っていたのですが、すっかり忘れてしまいました(笑)

エイプリルフール とは、皆さんご存知のように毎年4月1日には嘘をついてもよい、という風習のことです。

しかしエイプリルフールの起源は全く不明なのです。

いつ、どこでエイプリルフールの習慣が始まったかはわかっていません。

有力とされる起源説はいくつかありますが、いずれも確証が無いことから仮説の域を出ていないのです。



曰く、その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。

これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。

しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていいた。

フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れない為に、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。

これがエイプリルフールの始まりである。

そして13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」を祝い、その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれた。

その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなったが、「嘘の嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていった。



というものや、インドで悟りの修行は、春分から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もあるそうです。


このようにエイプリルフールの起源はフランスやインドという説が有力です。

しかしそこで一つ、俺は疑問に思ったのです。

エイプリルフール(April Fool)って英語じゃん??



謎は深まるばかりです・・・(笑)

ではでは!!
posted by Hiroshi at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

いつの日にか夢を語る…

『そうだ…京都いこう。』


ぼちぼち桜も咲き始めましたね。予定してた9日はちょうど見頃なんじゃないですかね。
花見中止は俺としても残念な気持ちもあるけど、まぁ、今回はさすがにしょうがないっすな(⌒〜⌒)


『そうだ…こだまでいこう。』

しかし日本人ってゆーのはって思うのはねぇ、JTが煙草の生産制限するよって言った途端の売り切れ続出ね。

ましてこれはライン残して優先的に生産するっつってるマイセンとセッターが真っ先になくなるっていうね。


『そうだ…二泊でいこう。』


情けないとゆーかなんとゆーかね、そら水や食料と違ってなくても被災地にはってもんだけどさ、散々買い占め云々言ってる矢先の事だからさぁ、 なんだろね、ほんと自分がよきゃいいのかなって思ってまうわ。


『そうだ…』




『…蝋人形にしてやろうか?』


なんか東電社員の寮とか本社とか、石投げ込まれたり、嫌がらせがあるらしいね。

前々回かな?溜まったストレスが変な形ででなきゃいいけどって書いたけど、これは情けなすぎるょね。





『…蝋人形にしてやろうか?』

えがちゃん曰わく、俺は金がないから身体使ったんだって。
何億も寄付したりできないからって。それでもいまでも必死に被災地を支えてる人たちに比べたら自分なんか全然って。


だから…




…お前たちは蝋人形にはしてやらない!

posted by Ikka at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

KICK ASSさいこ〜

アメコミの実写版でぬるい映画かと思ったら、リアルなバイオレンスな描写が多く、残酷なシーンも多い!しかしそれらも何故か気持ち悪さや不快感はなく見終わった後もスッキリサッパリとしているw(人にもよりますが。。。)



とりあえず主人公のデイブがのっけから笑かせてくれますw典型的な誰からも存在を認識されない冴えない高校生でやる事はオタク友達とマンガ談義をしたり、女教師をオカズにオナニーするだけ。趣味の2次元でもマイスペフレンドは30人くらいw好きな女の子からも話しかけられず無視される人生。



そんな彼が何故誰もヒーローになりたがらないんだ!という思いから暴走が始まり、ダサイコスチュームを購入しついに自分がヒーローになる事を決意!しかし彼は特殊能力なんかあるワケもなく、むしろケンカなんか激烈に弱い雑魚高校生w当然世の中そんな甘くないって事でただのギャング2人からボコボコにされ刺され、あげく轢き逃げされて重体になってしまう。しかしその手術の際ウルヴァリンのように全身に金属を埋め込まれた事によって得意気になってしまい、またまた懲りずにキックアスヴァージョン2.0!とか言ってまたまた正義の味方気取りで街へ出向く。しかし耐久力が上がったのか、今度は見事ギャングを撃退しイイとこを見せる!そしてその様子がYOUTUBEなどでアップされ、その奇妙な格好や話題性から瞬く間に時の人となる、新たにデイブが作ったマイスペアカウントのフレンド数は1万人を突破!それがきっかけでデイブもポジティブな性格になり、ゲイと勘違いはされてしまったが、好きな女の子ともイイカンジに。。。



しかしその女の子からのお願いで、浮かれてたキックアスはカナリアブナイヤツラに手を出してしまい、命の危機に!!しかしその時相手の胸にドデカイ両刀のナタをぶっ刺して助けるのが、未成年最凶殺戮兵器ヒットガール!彼女こそ、マフィアにハメられて復讐する事だけを考えてきた元警官の父ビッグダディによって殺人の英才教育を受けた超人w格闘術にも優れ、銃やナイフなどの武器の扱いも凄まじく、なにより人間をまるでモノのようにぶった切り、銃をぶっ放しまくる容赦のなさ!もうどんな悪人もかないません(笑)最高にクールな少女!



ビッグダディとヒットガールの存在とその凄まじさを間近で垣間見て、デイブもいよいよその暴走モードから正気に戻っていき、好きな子とも無事付き合う事になり引退を決意。しかしそうは問屋がおろしませんよ。。。

って事で続きは映画でww



冒頭にも書きましたが暴力の描写がスゴイリアルで、デイブがやられる度にイテッイテッて思います(笑)

あとはヒットガールが悪党どもブチ殺しまくるシーンねwこれはあえて陽気な曲をバックに流す事により、その過激さを抑えてますが、マジマジと見ると意外とエグイです(笑)

先日見たランナウェイズでも使われてたジョーンジェットの曲も偶然使われてました!

一応主人公はデイブなのですが、これは誰もがヒットガールに心奪われてしまいますwそれほどの魅力を持ったキャラクターです!今後の成長が楽しみですが、大人にはなってほしくないですね(笑)

デイブのオタク友達が「彼女が大人になるまで童貞守るぞ!」って言ってますが、その気持ちもよく分かります(笑)

物語的にはまだまだ子供だったデイブがキックアスになり様々な経験をする事によって(決してしたくない経験ですけどねw)精神的に成長していく姿を見る作品なんですかね〜。ヴァイオレンス映画としてもみれますがw

だからやっぱラストだと、あの冴えないオタクが、いくらかカッコよく見えますからね!

とりあえず続編がありそうな終わり方だったので是非作ってほしいです!



みんな借りてみてみましょう〜
posted by Dai at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

料理って楽しいよね♪

生活の節制のためだけに始めた自炊に、案外ハマってしまったりしてるわけです(笑)


以前までは包丁を手にする事すらできないような怠慢な人間でしたが、背に腹は変えられない思いで、始めたみた自炊ですけど、生活の中で習慣になって場慣れしてくると、妙なこだわりや無駄な挑戦まで出てくるようになったり。


自炊の最大のメリットは、何にしても「安さ」。そして最大のデメリットは、「面倒さ」ですが、後者に関しては未だ克服はできてません(笑)特に「後片付け」は最大の難敵で、何度も放置しようかと考えるんですが、虫が涌いたりするとシャレにならんので、渋々食ったらすぐに片付けるようにしてます。


しかしハッキリ言って安さに関してはホンモノです。マジで外食とかあまりにバカバカしくなるくらいに安く済みます。俺は元来あまり食わない方ですし、うまくやりくりすれば、一週間の食費が1000円くらいでおさまる時もあります。


量を多く作れる事もメリットですね。一度作ってしまえば何日かに分けて、ちょっと手を加えてバージョンを変えて食い繋ぐ事も可能です(俺はそのパターンが多い)。


でも、時間や手間をかけるのは嫌いですので、作る料理はいたってシンプルです。鍋やフライパンも洗うのが面倒なので、一度に一回、一つだけしか使わない事が多いですね(笑)なので、料理通や主婦の方々からすれば、ロクに知識もないし、自堕落極まりない内容かと思います。


でもそんな自分なりに、料理をするのが当たり前になって、料理が楽しくなり始めているわけですから、間違いなく去年までと較べれば、明らかに変化が出てきてますね(^_^)v近いうちにオフィシャルのプロフィールを変更する必要があるかもしれません(笑)



…何やらやたら庶民的なブログになってしまいました。メタルバンドのリーダーだって、ロン毛を後ろで縛って、腕まくりして、自炊くらいするんだよ(笑)



だからね〜…


買い占めされると致命的なわけだよ(-.-;)材料が揃いやしねぇ。

posted by Seiji at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒノキ花粉の恐怖

もう4月になりスギ花粉も落ち着きを取り戻す方向に季節が動いてますが、未だに花粉症の症状が治まりません。

俺は毎年スギ花粉の季節が終わっても症状が続くんで、ひょっとしたらヒノキ花粉もあるのでは?と最近疑っています・・・

ヒノキは開花時期が桜の開花時期とほぼ一致します。

スギが桜の開花時期に飛散終了することが多いことから、スギに引き続いて飛散する順序となります。

つまり休まる間もなくヒノキ花粉に襲われてしまうわけです(泣)

ヒノキは昭和40年代はわずかでしたが、その後の20年ほどの間に3倍以上に増えました。

スギの植林は昭和25年の第1回植樹祭を契機に5〜6年で集中的に行われました。

この時のスギが現在樹齢50年ほどを迎え壮年期になっていますが、ヒノキはスギ植林の後の昭和30年代に集中的に植林されました。

これが現在樹勢の上で青壮年期にさしかかっているものと思われます。

近年の比較では、ヒノキの植生数がスギの植生数に匹敵しつつあり、今後ヒノキにアレルギー反応を来す方が増えてくるものと予想されているそうです(恐)

ちょっと前に花粉の出ないスギの研究が進められているという話を聞いたのですが、仮にそれが実現したとしてもまだまだ花粉の猛威からは逃れられそうにありませんね〜〜・・・

早く特効薬が出て欲しいもんです。

ではでは!!
posted by Hiroshi at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。