2010年11月12日

お茶の間に相応しいおすすメタル Vol.4

今回ご紹介するアーティストは、ドイツ発のメロディアス・ハードロックの大御所、FAIR WARNINGです。このバンドの発端ときっかけは非常に古く、イングヴェイにも影響を与えたことで有名なSCORPIONSのギタリスト、ウリ・ジョン・ロートの実弟、ジーノ・ロート率いるZENOのメンバー達がZENO解散後に結成したバンドで、FAIR WARNING自体のデビューは1992年となります。


今や絶滅寸前とも言えるメロディックメタル界ですが、HR/HMという総合ジャンルの中でも、HR、つまりハードロック業界では、まだまだメロディは健在です。FAIR WARNINGはまさにその典型とも言えるバンドですね。ハードロックといえば、有名ドコではBON JOVIやGUNS'N ROSES、AerosmithにMotley Crueなどのアメリカ系が多く挙げられますが、西欧にも存在してます!ただ、人気は本国よりも、日本の方が強いみたいですが…(笑)


fair_warning1.jpg
FAIR WARNING(2006年現在)



彼らの音楽性において最も特筆すべきは、完成度や各々のテクニックもさることながら、まずその優れたソングライティング能力であろうと思われます。メロディはあるものの、サビの爆発感に欠けたり、何だかんだで楽器重視だったりするハードロックは多くありますが、彼らほど分かりやすくメロディ至上を貫くハードロックバンドも珍しいと思います。


まさに珠玉の美旋律の応酬で、サビでの盛り上がりも言うことなし。全く危機感を感じる事なく(笑)、全ての曲を堪能できるはずです。日本人のツボにしっかり食い込むメロディセンス故に、日本での人気も高いのではないかと思います。例えるならば、1990年代に流行ったビーイング系の音楽のような分かりやすさです。Aメロ→Bメロ→サビと続く王道のパターンが光ります。


更に俺はギタリストなので敢えて言及しますが、FAIR WARNINGのギターを担当する、ヘルゲ・エンゲルケ(凄い名前ですよね)の奏でるギターラインは、通称「スカイギター」と呼ばれてます。通常のギターよりもフレット数が多いために、まさに空へと昇っていくかのような高音を出すことが可能で、美しいメロディに拍車をかけるように爽快なサウンドを構築しています。ギターソロ時にその弾きっぷりを体感できますよ♪


ボーカルのトミー・ハートの歌声もこれまた秀逸です。ハードロックを象徴する抜けのいいハスキーヴォイスに、激烈なハイトーンで、力強くセクシーに曲を彩ります。


つーわけで、今回もヨウツベさんの力を借りて曲を聴いてもらうわけですが、今回の選曲は、敢えてバラードにしました。メタル業界にもバラードは存在します(笑)。そして彼らの作るバラードは、昨今の日本人の作る内容の薄いモノではありません。その美しい美旋律を是非聴いてみてください。彼らのデビューアルバム、『FAIR WARNING』に収録された「LONG GONE」という楽曲です。当然ハードロックナンバーも、彼らにはたくさんありますので、ご興味ありましたらそれも聴いてみてくださいね!


posted by Seiji at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コードについて

よく音楽をやっている人の会話で、コード進行がなんちゃら、とかFのコードが難しくてギター挫折しちゃった〜、などの会話を聞いたことがないでしょうか?

音楽をやっていない人にとってコードとは結構未知の存在であるようです。

そんなわけで今回はコードについて少々書きたいと思います!

と思ったんですが、ぶっちゃけコードについて書き出すととんでもなく長くなるんで、超簡単にいきたいと思います・・・

超簡単に言うと和音のことです。

高さの違う音が3個以上同時になっているときに合成される響きを和音というんです。

で、よくギターを始める人がなぜ最初にコードを覚えるかというと、この和音が伴奏になるからです。

つまりギターで伴奏を弾き、本人は歌うわけです。

いわゆる弾き語りですね!

伴奏がなければ主旋律があってもしょぼいだけですし、歌に関して言えば音程がとれません。

なのでギターを弾くにあたってまず最初にコードを弾ける様になることは当然の帰結といえるでしょう!!

以上簡単ですがコードの説明を終わります!!



















因みに詳しく書くと日が暮れちゃいます・・・(汗)

今は夜ですので、夜が明けて更に夕暮れまで掛かりますので、流石にきついんで超短めにまとめちゃいました。

ではでは!

posted by Hiroshi at 03:07| Comment(3) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。