2010年10月10日

ギタリストとしてのコダワリとは…

多分楽器をやってれば、っていうか何かクリエイティブな事をやってれば、誰しも相応にこだわりが生まれてくると思うんですね。中にはその筋の人間でないと一切理解できないくらいにマニアックなこだわりを持ってる人もいるでしょう。





俺、ギタリストです。





…そんな事わかってますね(笑)。



今まで色々なバンドを見て来ましたし、ギタリストも見てきました。当然ドラマーやベーシスト、キーボーディスト、ボーカリスト、etc…。各人色々と機材や音作りに余念がありません。


その中でも殊更ギタリストはこだわりが凄いですね。それはアマチュアであろうとインディーズであろうと、プロ顔負けのメカニカルな機材を取り揃えて、マイアンプやマイスピーカーまで気合いで持ち込み、足元にはどこからいじくっていいか分からんくらいの多数のエフェクターを置き、ギターも曲によって使い分ける…。


恐ろしいです(笑)。多分尋常ではないレベルの費用と労力と知識が必要になるでしょう。マジでそこまでこだわれるのはハンパではないです。本気で尊敬します。


対照的に俺の機材は、スタジオやライブハウス常設のアンプに、歪み系エフェクターとチューナー、簡単なコンプレッサー…、以上!

雲泥の差があります(T_T)毎度ライブで共演するバンドさんの機材集を見る度に、その差を痛感します。


しかしそれにはいくつか理由があります。それこそが俺のギタリストとしてのこだわりかもしれません。


まず、UNDHIFEATのライブをご覧になった方はお分かりかと思いますが、我々はステージパフォーマンスをかなり重視してます。更にフロントマンは全員がマイクをとるコーラスバンドです。要は楽器隊も常に動いたり歌ったりしてるわけです(笑)。なので滅多やたらとギターのエフェクターをいじくる事や、足元に場所を取る機材を置くことが困難なのです。軽量且つ明瞭なサウンド構築する事によって、パフォーマンスにストレスや手間のないステージングが出来ることを心がけているわけです。


そして次に、我々のコンセプトである「歌至上主義」によるものです。ウチのバンドは歌が全てです。メタルにはあるまじきかもしれませんが、他の楽器は全て歌を引き立たせるために存在していると俺は考えてます。なので、サウンドはシンプルイズベストが基本、ギターが目立つのはソロの時だけでいい、決してボーカルよりも音量が大きくなってはいけない、等を常に心がけてます。すると自然とギターそのものの音質よりも、バンド全体の音質に目が向き、音作りも単純でわかりやすいものになっていくわけです。言わばギターは歌のオマケです。なので歌メロディ重視のバンドでギターがやたらと前衛的なのは、俺にとっては好みのサウンドではありません。

最後に、大量の機材を持ち込むための足が存在しない(笑)、機材にこだわるための軍資金が足りない(泣)、それも大きな要因です。

まとめると俺のこだわりというのは、ギタリストであるということより、歌メロ重視のメロディックメタルバンドのメンバーである、という認識の方が強いです。あくまでギターはボーカルラインを引き立たせるための要素であると。


ドラムがなければリズムがわかりません。ベースがなければ音程がとれません。ギターは…、極端な話、なくてもいいんですよね(笑)。ただ、間違いなく楽曲に彩りを与えるエッセンスだとは思いますので、サブ的な役割をするのが本職なのではないかなと。これが俺のこだわりです。


多分メタルギタリストの中では俺のような考え方をする人間は珍しいと思います。賛否両論必ずあると思います。ですが、こういう考え方もまたアリなのだと思ってますね。


以前知人からギタリストとして何か譲れないこだわりがあるかと聞かれたので、何となく書いてみました(笑)。

posted by Seiji at 20:35| Comment(4) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由気ままな色々紹介 Vol.2

遂に二回目を迎えてしまいました、このコーナー、今回紹介する動画はあの有名なポケモンです!

といってもただのポケモンではありません。

なんと実写です。しかも海外製の。

この動画はハリウッド映画の予告編風に作られているんですが、映画館で上映される配給作品ではなく、大掛かりなファンフィクションショートフィルムという位置付けのようです。

まあつまりファンが作ったムービーらしいんですな。

ただぶっちゃけ素人が作ったとはとても思えません。

おそらくプロがつくってますね!

それくらい完成度が高い動画です。もしかしたらハリウッドの製作スタッフが関わっているのかもしれませんね!

で、肝心の内容なんですが、全編英語なんでさっぱり分かりません!(汗)ま、肝心なのは雰囲気ですな〜! 全体的にかなりシリアスな雰囲気のポケモンとなっております。

ところで、なぜこの動画を紹介することにしたのかというと、その完成度の他にキャラクターの濃さがあるからです。

俺はポケモンのアニメは実際殆ど見てないんですが、その俺からしてもとにかくキャラが崩壊しています。

サトシはヒゲを生やしたオッサンに進化を遂げ、ピカチュウは見るも無残なグロテスクモンスターへ。

さすがハリウッド、何を考えているのか全く分からない。

ポケモンファンからしたら違う意味で卒倒してしまうのではなかろうか・・・「ピ〜カチュ〜」じゃないって〜の!(笑)

とにかく百聞は一軒にしかずですので、見てみてください!

完成度はマジで激高です!



posted by Hiroshi at 04:33| Comment(3) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

またもや

メタル界は大きな損失を被りました。なんとスイスのボンジョビとも言われている、メロディアスハードロックバンドGOTTHARDのボーカル、スティーブリーが事故で亡くなりました。。今年はホントにいろんな人が死にすぎです!去年ラウドパークで見たばかりなのに。今年はメタル界にとっての厄年なんでしょうか。彼らが今後活動を続けるかはまだ分かりませんが、今はただ冥福を祈りましょう。

ついにラウドパークまで一週間となりました!今年はメンツに関して賛否両論ありましたが、なんだかんだといって、テンションが上がってきてしまいます!!
早く僕らもあのステージに早く立ちたいです\(^o^)/

次の僕らのLIVE!メタル歌合戦もタイバンが決まりましたので、是非ともホームページでチェックしてください!

では世間は三連休ですが、もちろん休みなどありません(笑)
さよなら( ; _ ; )/~~~
posted by Dai at 18:32| Comment(6) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

LIVE&LIVE

4月〜9月まで、週一回くらいのペースでライブを行ってきていたので、しばらくライブがないものと考えると、ちょっと物悲しくなりますが、まぁこれくらいのペースだと、色々と下準備もできるので、気持ち的にはちょうどいいのかも(^^;)しばらくとは言っても、たった一ヶ月くらいですし♪

そんなわけで画像だけでも(笑)。最近アップしてなかったので、色々な場所でのライブ模様。

IMG_0391.JPG  IMG_0480.JPG

IMG_0530.JPG  IMG_0555.JPG

IMG_0603.JPG  IMG_0629.JPG

IMG_0633.JPG  IMG_0688.JPG

IMG_0652.JPG  IMG_0692.JPG

IMG_0697.JPG  IMG_0712.JPG




さて!次回ライブである!「メタル歌合戦」である!7月に参加した記憶に新しい例のメタルイベントである!あの時は非常にド熱い夜であった・・・。何せお客さんの数がハンパではない!そしてやはりメタラーは皆前衛的である!

またあの時のようなホット過ぎるライブにしたいのである!

メタルは邪道ではないのである!

メタルはV系とは限らないのである!

ラウドパークは公園の名前ではないのである!

キャベツはソース派なのである!

蕎麦よりうどん派なのである!

キリンさんよりゾウさんの方がもっと好きなのである!



以下詳細である!


10月31日(日)
大久保HOT SHOT →http://homepage3.nifty.com/hotshot/pickup/index.html

チケット:前売り ¥2500+1drink /当日 ¥3000+1drink

時間:OPEN:18:00 START:18:30

出番:詳細後日

ACT:UNDHIFEAT/HATRED ANGEL/Shiver of frontier/Divine Wind/Infernal Gates Of Morbidity


ちなみに前回の「メタル歌合戦」の模様を写した写真はコレ↓

IMG_0474.JPG  IMG_0477.JPG

見ての通り、人が前列に多すぎて全然分からん!!カメラマンの身長が低いというのもあるのだが・・・。とまあ、そんなわけで、今回もかなりの来場が予想される!皆心して参加するように!

そして、待望の我々の新曲も初披露だ!曲名は「SILENT DAYBREAK」。楽しみに待て!!


・・・以上デーモン風にやってみました(笑)。みんな、ライブ来てね♪
posted by Seiji at 21:02| Comment(5) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミステリートレイン

ブログやコメント等にはちらりと出たんですが、10月3日に俺の身に起きた悲劇を書きたいと思います。
10月3日はご存知「UNDHIFEAT主催、BBQ大会」が行われた日です。
BBQ自体は無事大成功を収めたんですが、問題はその後です。
結構早い時間に終わったので、SEIJIと軽く飲んで行くかという事になり、新宿の居酒屋に行ったんですがそもそも軽くですむ筈がなく、ビールをまるで水のように飲みまくってしまいました・・・!

で、皆さんの予想通り電車で寝過ごして終電をのがしてしまったのです・・・(泣)
まあここまではあまり珍しくもないんですが、寝過ごした場所がとんでもない所だったのです・・・

その駅の名も「武蔵嵐山」!!!
どこだそれ〜〜!
本とにナンもない所でした・・・

普通だったら始発まで漫画喫茶で過ごすか、なければ駅前の居酒屋で時間をつぶす、もしくは漫画喫茶があるところまでタクシーで行く、といった選択肢があるんですが、この武蔵嵐山ではそれらは一切通じませんでした!

漫画喫茶はもちろん駅前に居酒屋なんてもちろんありません!ていうかなんもありません。
なんとかタクシーを発見し運チャンにちょっと開けたところまでと言ったら2、3万は掛かると言われる始末!そんな金あるかいな〜!

流石の俺も途方に暮れました・・・
おまけに携帯の充電も切れました・・・

結局タクシーの運チャンに紹介された駅から徒歩で約5分程の飲み屋で時間をつぶす事になりました。
しかしこの飲み屋もかなり問題で、所謂地域密着型って言うんでしょうか?
よく田舎にある小さいカラオケスナックみたいなものと言えばいいんでしょうか。とにかくそんな所で、入るのにかなりの勇気が要りました。

なにしろ店の外にお客さんの歌う演歌やら軍歌やらが聞こえてくるんですよ〜〜(泣)
完全に場違いだっつ〜の(笑)

でもとにかく入るしかないわけで、勇気を振り絞って入りましたよ!
そこにいるのは予想通り団塊世代の方々!

もちろんおばちゃんおじちゃんから質問攻めの雨嵐!
俺は事情を説明し、ビールを飲み、何故か作ってくれたカレーうどんを食し、何とか始発までの時間を乗り切ったわけです。

まさに地獄のような時間でした!俺は前日殆ど寝てなかったので流石に体力の限界を迎えていたわけですが、とにかくおばちゃんおじちゃんが話かけてくるし、その話は分からんし、おまけに店の換気は悪いしそもそも俺は気分悪いしで、始発までの時間が永遠にも感じられました。

でも何だかんだで店のマスターやおばちゃんおじちゃん達に凄くよくしてもらったんで、ぶっちゃけかなり感謝しております!!
もう二度と行く事はないでしょうがこういう店もいいもんだな〜と思いました。まあ話分からんのはきついですけどね(笑)

そしてようやく始発が出たんですが、この「武蔵嵐山」は埼玉県のかなり上の方だったらしく、自分の家まで帰るのに2時間かかりました・・・・(泣)

もちろん未開の地からの帰還故、寝ることはできません・・・
まさに拷問でした・・・

そしてようやく帰ってきたと思ったら、もう数時間後にはバンド練習が!!!
結局俺はほぼ丸々二日熟睡できませんでした〜〜〜〜


流石にその日の夜は14時間位寝ました!

今回の寝過ごしは今までの人生の中でも最大級にきつい寝過ごしでした・・・

最近は余りなかったんで油断してましたかね〜・・・

やはり寝不足のときに酒をしこたま飲むのは危険窮まりない行為ですね〜!!!

これからは十分休息をとって酒を飲むことにします!!!

ではでは!


posted by Hiroshi at 04:16| Comment(4) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

自己中心的映画紹介vol.2

どうもー今週もこのコーナーがやってきました!今回紹介する映画はダーレン・アロフノスキー監督のレクイエムフォードリームです!これは割と誰でも見れるんじゃないすかね〜
ドモD[di:]death!!

では例によってまずはどっかから抜粋したあらすじでーすw

コニー・アイランドに住む孤独な初老の女性サラ(エレン・バースティン)は、テレビ番組に夢中。ある日、番組に出演できるという電話を受け取った彼女は、お気に入りの赤いドレスを着るには太りすぎていたことに気がつき、医師にダイエット・ピルを処方してもらう。ところが、サラはこの薬に大きく依存し、アンフェタミン中毒になってしまう。一方、サラの息子ハリー(ジャレッド・レト)は、友人のタイロン(マーロン・ウェイアンズ)に誘われ、麻薬の取引で一山当て、恋人のマリオン(ジェニファー・コネリー)と幸せに暮らすことを夢見ている。しかし、ハリーとマリオンは麻薬売買が思うようにうまくいかず喧嘩ばかりしていた。そして、挙句の果てに自らもヘロインの常用者になってしまう・・・。


これは僕の中でどんなホラー映画よりも心に恐怖を訴えかけてくるし、どんなドラッグ映画よりも日常に潜む落とし穴をリアルに描いていると思います。これはぶっちゃけ学校の道徳の授業とかで放送してもイイくらいっす!!

まずはダーレン・アロノフスキー監督。これの前の作品が「π」っていうんですけど、モノクロですごい斬新な映像表現をしてたんですよね。この作品も同様に監督独自の映像表現がとてもすごかった。特にドラッグを打つ時のスピード感のある描写ね!全体的にテンポよく進みドラッグによって人間が崩壊していく様子がとても上手く描かれてました。余談になるんですがこの映画を観たブラッド・ピットが、「頭にカウンターパンチをくらったような気がしたよ。」と語っているが、まさにその通り。見る人に精神的ダメージを与えるという、とんでもない映画だ。今思いだしながら話してるだけであの頃の衝撃がリアルに蘇ってきますよ(笑) しかしこの映画、そんな嫌悪感が次第に快感へと変わっていくのだから不思議です。主人公たちがドラッグを使用する映像は、ヒップホップ・モンタージュという監督独自の手法。こういった斬新な映像に加え、分割画面や早回し・スローモーション、極力色彩を抑えて絶望していく世界を表現してます。

それと映画の魅力は何と言っても、初老のサラを演じるエレン・バースティンの恐ろしいほど真に迫った演技力にある。その年のアカデミー主演女優賞にノミネートされてますしね。この年はジュリアロバーツが獲ったんですけど、アカデミー委員会は何を考えてるんだと言いたい!ぶっちぎりでエレン・バースティンのがすごい!!完全に役になりきっています。終盤のほうの危機迫る怪演は脅威です。とにかくこの映画を観てもらえば、その凄さは分かってもらえると思います。それから、「フェノミナ」でもおなじみの女優、ジェニファー・コネリーね。この映画では主人公の恋人で、ドラッグに溺れていく汚れ役とも言えるモノを見事に演じてます。それとジムキャリー似のジャレッドレトももちろんイイ味だしてます。次にこの映画で素晴らしかったのは音楽。一度この映画を観ると、あのテーマ曲が耳から離れないほど印象的でした。作品の雰囲気にピッタリの曲です。この音楽がなければ、この映画の評価はもっと悪いものになっていたかもしれない程です。もちろんサントラ持ってますしね(笑)

 ストーリーは単純で、「薬」によって人間がどん底に落ちていく様が描かれているだけ。しかしこの映画は、「ドラッグに手を出してはいけない!」というのが直接的なテーマではないようで、たばこ、コーヒー、ドラッグ、テレビ・・・などなど、「やめられない」という物が誰にでもあるはず。そういった物に依存し過ぎたり、夢のためなら手段を選ばなくなった時に待ち構えるどん底の世界。そういった恐ろしさを描いている作品なんです。後半、どん底に落ちていく主人公たちの姿は痛々しいけど、胸に迫るものがあります。同じようなドラッグ映画だとトレインスポッティングがカリスマ的人気がありますけど、レクイエムフォードリームを見たあとではやはり、評価を落とさざるおえない。少々レベルが違います。ホントミーハーな人も是非見てください!

 「π」の監督ということで期待はしていなかったけど、この映画は本当に面白かった。主人公たちの末路は救いようがないけれど、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」ほど理不尽な映画ではない。それにこの映画は映像的なセンスがいいからなのか、意外と後味も悪くなかった。むしろ何度も観たくなるほどの中毒性があります。万人ウケするかどうかは分かりませんけど、少なくとも僕はこの映画が大好きです。もちろん2000年トップ1の映画です。
posted by Dai at 14:28| Comment(4) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

UNDHIFEAT主催BBQ大会

去る10月3日の日曜日、我がUNDHIFEAT企画のオフ会第二弾、和泉多摩川バーベキュー大会が行われました!!ご参加くださった皆さん、ありがとうございました♪

ホントなら昨日の段階でHIROSHIによるブログにて語られるハズだったこの内容ですが、彼は未開の地に飛ばされていましたので(笑)、リーダーによるレビューとさせていただきます。・・・ちなみにHIROSHIに何があったかは、彼からそのうち語られると思います。マジでかなり面白いですよ(笑)。


さてさて、バーベキューですが、実は参加者の皆さんはご存知だったかと思いますが、前日まで天候に大きく不安があり、当日は雨の予報が出ていたのです。降水確率も50%と比較的高く、まさに当日まで開催できるかどうかの瀬戸際でした。なので、当日になって開催するか否かを全員に連絡を回すハメになってしまい、かなり慌しいスタートだったと思います(^_^;)

しかし!ご存知の通りウルトラ雨男の俺のパワーを、誰かが強烈な晴れパワーで押さえ込んでくれたのか、当日は予報が嘘のような快晴!予定通り開催できる流れとなりました!いや〜、一時はどうなることかと思ったものですが、無事開催できて良かったです(^▽^)時間が進むにつれて、多少雲が広がってきてましたが、結局解散に至るまで雨は降らず、非常に楽しいオフ会だったかなと思います!

そして今回オフ会に参加してくださった皆様全員に、UNDHIFEATのライブ&プロモーションDVDをプレゼントしましたので、それも楽しんでいただければ幸いです!



74ED.jpg  74EE.jpg

7512.jpg  7523.jpg

7547.jpg  755A.jpg


ホントに皆さん、ありがとうございました!!次回オフ会にも是非来てくださいね♪
posted by Seiji at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BBQ!

皆様!本日は昼からBBQの為にお集まりいただきまことに有難うございました!
色々至らない点はありましたが天候にも恵まれ無事開催することが出来ました!









そんなわけでBBQの感想を色々書きたいんですが、今俺は何故か未開の土地にいます…(T-T)そして電池後一個です………………なんでもろもろの詳細はまた後日ということで! ではでは!(泣)

なんで俺はここにいるの〜〜〜〜〜〜〜!
posted by Hiroshi at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

あしたは

運命のBBQです。。

今日言う事はただひとつ。

おまいら明日晴れるように祈るヲ\(^o^)/
posted by Dai at 17:59| Comment(4) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

お茶の間に相応しいおすすメタル Vol.1

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、我々UNDHIFEATのフロントマン三人で現在展開中のこのブログ、最近になって書く内容に少し変化をつけてます。


あくまで我々は音楽を世の中に提供する立場ですので、このオフィシャルブログに関しては、音楽に深く密接するメンバーの価値観や想い、方向性などに突出した文章を書くようにしました。我々の日常や音楽以外の日々の生活に関しては、twitterやmixiの方に定期的に書いてるので、そちらも併せて読んでいただけると嬉しいです♪


さて、更にお気づきの方はいらっしゃると思いますが、音楽の話だけでも堅苦しくなるので、三人がそれぞれ自身の趣味の範囲でオススメする事物を定期的に取り上げる、所謂個人コーナーのようなカテゴリも書いてみてます。先日DAIが映画について、HIROSHIがネット動画について取り上げました。一つのジャンルについて、メンバー個人が飽きるまで(笑)、定期的にご紹介していきますので、何となく読んでみてください(^_^)


では、しんがりを担当します俺は、一応音楽についてになってしまう上に、よくある内容ですが、「オススメのメタル」をご紹介いたします。しかし、コアなメタラーによくある、リスナーおいてけぼりの自分の趣味炸裂のような超マニアックなアーティストは、敢えて紹介しません。あくまで「メタルなんて知らないよ」、「全然聴いたことないよ」って人に向けて、聴きやすく、大衆的なメタルアーティストを紹介していきます♪何せ我々のコンセプトは、「メタルをお茶の間に」ですので、メタラーじゃない人達に向けて、メタルの素晴らしさを説いていかねば意味がありません。

ですので、生粋のメタラーからすれば、基本中の基本ともいえるアーティスト達が出てくるので、ちょっと退屈かもね(笑)。でも、メタラーならば、確実に通る道だと言えるアーティスト達ですので、昔を懐かしんだりしてください(^_^;)


では、前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは、今年のラウドパークへの出演も決まっている、ANGRAです。


angra.jpg

ANGRA(2001年当時)

ブラジル出身のメタルバンドといえば、恐らくすべてのメタラーが彼らの名前を挙げるでしょう。それくらいメタル界ではメチャメチャ有名な、メロディックパワー(スピード)メタルバンドです。歴史は結構長く、結成は1991年ですね、そろそろ20年になりますか。

そしてメンバーは、ギター二人を除いて、結成当時と現在で全く違います。日本では基本的にありえない話ですが、海外はメンバーチェンジはザラに行われます。結成時とメンバーが全取っ替えになってることも珍しくありません(笑)。そしてメンバーチェンジをすると、大体は音楽性が変化したりして、ファンが減ったり、ファンの質が変わったりして評価が下がっていくことが多かったりするんですが、このANGRAに関してはメンバーチェンジ後の体制での音楽の方が評価が高いという珍しい例です。

かつて5人中3人が一気にバンドを脱退し、一時期存続すら危ぶまれたバンドだったんですけど(何かウチと似てますよねw)、メンバーを補充し、『Rebirth』という非常に完成度の高いアルバムをリリースして、タイトル通り見事な復活を遂げ、今や世界に名だたるメタルバンドとなりました。

所謂ジャーマンメタルの流れを汲む音楽性質を持つバンドですが、母国ブラジルのラテン系のビートやフレーズを駆使したりしているため、その音楽性はかなり独特です。しかし、メロディラインは非常にキャッチーであり、何より個々の技術はズバ抜けて卓越しているため、今現在も世界最高峰のバランスを構築するバンドの一角ともいえます。

論より証拠ということで、youtubeから音源を借りてきました♪かつてバンド崩壊の危機から奇跡の復活を遂げるキッカケとなった『Rebirth』に収録された「NOVA ERA」という曲です。


今後もこんな感じで色々なメタルを紹介していきますので、末永くよろしくどうぞ♪


posted by Seiji at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チケット購入

DAIが騒いでいるラウドパークのチケットを俺もようやく購入しました!

気がつけばもう半月後なので危うく買い忘れるとこでした・・・

因みに俺は2007年以外は何気に全部参戦してるんですが、2006年以外は諸事情により1日だけの参戦になっています。

今年は17日に俺の好きなアーティストが多く出演するんで、俺はその日だけの参戦です。

チケ代はなんと14000円也!!

たけ〜〜!

しかしこれも年に一度のメタル祭の為やむをえない出費ですね〜!

実は今日はもう間近に迫ったUNDHIFEATオフ会の為の仕込みを今までやっておりました!

因みにそれが何なのかは当日のお楽しみということで(笑)

ぶっちゃけマジ疲れました(汗)

というわけで今日は力尽きたのでこの辺で!

日曜日晴れるとい〜な〜(祈)

ではでは!!
posted by Hiroshi at 00:45| Comment(3) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。