2010年05月31日

Remenber 5、04 by Ikka

image/2010-05-31T22:50:531こちら良い部屋見つかるらしいです(笑)地味に右下も注目です(・゚ω゚・)

いやぁ、いつかこのブログに載せてくれべーと思ってまして(*^皿^*)
タイトルはたしか5月4日更新のブログでちょっと話してたんで、皆覚えてるかなぁと思って。日付違ってたらごめんなさい(;≧ー≦)ノ


はい、どうもこんばんは(^-∀-`)
皆がUNDHIFEATで最も百烈拳をお見舞いしたいだろう男Ikkaです(● ・ ω ・ ●)
フルボッコは勘弁です(/_-)

さてさて!昨日は渋谷のなんとかってとこでライブでしたけどね、昨日のダイくんのブログでもUPされてましたけどね、俺なりの感想をひとつ。

まずね、や〜、ひどかったんです、いろいろと('A`)

まずね、スタッフが最悪でね、リハがだいぶ押してて、俺たちが早くしなくちゃって思ってたんですが、普通はね、リハの順番になったらUNDHIFEATさんお願いします的なんがあるんですよ。それがないから誰がリハすんの?みたいな。終始めんどくさそーだし、そのしわ寄せで俺たちのリハの時間カットされる始末ね。本番前は準備終わってねーのにじゃあSE始めますねーだって(-_-)にーちゃんどこ見てんの?
だいたいのスタッフさんはライブ自体を円滑にするためにいろいろ手伝ってくれたりするんですよ。昨日はむしろ邪魔だからどいてくんない?って感じだった。
イベント事態もね、司会のねーちゃんがまぁ偉そう。基本上から目線ね。せっまい楽屋にそのねーちゃんとイベンターお抱えバンドのメンバーがふんぞり返ってるわけですよ。我々は出番前なのにトイレの前で固まって着替えたり準備してましたよ。椅子ニコ分くらいのスペースっすょ(´д`)
ほんとイベント事態を成功させたいって感じじゃなくてお抱えバンドの為にやってるイベン
posted by Ikka at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋谷Take Off 7!!

カップラーメンはシーフードカップヌードルのBIGです!どんなおいしくて高いカップ麺もヤツには勝てません!ドモD[di:]death!!

今日はUNDHIFEATのLIVEが渋谷のTake Off 7で行われました!Sound Castleというイベントで総勢8バンドが出演しました。ボーカルだけのコーラスグループあり、Jazz Funkっぽいバンドあり、もちろんRockもありのバラエティに富んだ組み合わせでしたね〜。
ちなみにリハが終わったあとに、友達のステファンが監修しているlone's magazineのインタビューをやりました。近いうちに載ると思うのでその時はチェックしてくださいな〜。ってか自分らで告知しそうw
以下はURLですので〜

http://lones-magazine.com/

そのインタビュー中にフランスの話とか聞いたんだけど、やはりむこうの若い人たちはやっぱR&BとかHip Hopを好んで聞くみたいですね。でも日本よりはメタル聞く人もゼンゼン多いし、Black Sabbathとかは若い人でも知らない人はいないみたいだし。ステファンなんかは12歳の時に友達に勧められてCANNIBAL CORPSE聞いてたみたいだし・・・ってかどんな小学生だよ(笑)しかし日本とは音楽の土壌そのものが違うと実感しました。いつかはそんなフランスやヨーロッパ各地でLIVEやりたいですね。でもインタビューでIKKAKU-N(なんかKAT-TUNぽくねw)が言っていたけど、何より自分達の事を好きな人がいる前でLIVEはやりたいですね!ようは場所は何処でもイイって事ですかね!(モトもコもないww)

話は戻って今日のLIVEですがメタル系はボクらだけだったのですが、前方にはボクらのお客さんがいて、メロイックサインをすれば返してくれる。これってホントに心強いって実感しました。お客さんとの意思疎通がバッチリ確認できるっていうか。ホント感謝感謝です。

今週の土曜はまたまたLIVEです!そして明日はスタジオwでは!

[Play List]
Go!Go! Maniac/けいおん!
Listen!!/けいおん!
The Gates Of Oblivion/Dark Moor
Hellfire Club/Edguy
Live In America (2007)/Jorn
posted by Dai at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

ポール・グレイ急逝!!

少し前の話になるんですが、海外の人気バンド「Slipknot」のベーシスト、ポール・グレイ氏が5月24日に亡くなられました。


彼はオリジナルメンバーの一人で、マスクは当初はブタ型であったんですがセカンド・アルバムより、ジェイソンマスクタイプのややシェイプなものになりました。


メンバーの中で、唯一ロサンゼルス出身(他メンバーはアイオワ州出身)で、サイドワークであるF.O.Dでも活躍していました。インディーズ時代は、コリィがスリップノットに加入するまではポールがヴォーカルで、現在もライヴで時々「Spit It Out」等の一部を歌ったりしていたそうです。


あまり知られてないかもしれないんですが、ポールはジョーイとともにSlipknotのメインソングライターで、バンドの中心人物だったのです。これからのSlipknotの活動が心配ですね〜・・・


最近はロニー・ジェイムズ・ディオ氏の急逝といい、メタル界に暗い話題が多いので、ここらで一発景気のいい出来事が起こって欲しいです!



それはそうと明日(もう今日か)はUNDHIFEATのライブです!しかも今日から3週連続でのライブなのです。3週連続は過去例をみない過密スケジュールですが、その分気合も入っております!




お楽しみに!!!



posted by Hiroshi at 04:20| Comment(2) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

殺戮にいたる病

「かまいたちの夜」というゲームソフトをご存知でしょうか?約15年くらい前に、今は懐かしきスーパーファミコンで発売された、サウンドノベル(映像で楽しめる小説)を基調としたミステリーアドベンチャーゲームですが、当時の俺はまだ中学生でしたけど、かなりやりこみました。基本はミステリーなんで、真犯人を見付だすことがゲーム目的なんですけど、多分経験者も多いと思いますが、謎解きに失敗し、何度もブチ殺された記憶があります(笑)。その原作者で知られる我孫子武丸という小説家が執筆し、刊行された小説の名前が「殺戮にいたる病」です。知ってる方いらっしゃいますか?

・・・何かタイトルだけ聞くとホラー系小説と思われそうですが、内容はバイオレンスチックな描写(苦手な人にはキツイかも)はあるものの、一応推理小説・・・なのかな(笑)?この作品、俺はもう随分前に読みましたが、マジでオススメです。俺が大好物の「衝撃のラスト」ってやつです。ハッキリ言って普通に読み進めて行けば、絶対に最後のページの最後の文を読むまで、真相はわからないと思います。いや、最後まで読んだとしても、内容を噛み砕かなきゃわからないと思います。内容が難しいのではなくて、小説の醸し出すトリックにハマってしまっているのです。恐らく大半の人が茫然自失となり、もう一度1ページ目から改めて読み直してしまうと思います。ホントにこういうの、大好きなんですよねぇ(^^)俺も色々な映画や小説を拝見して、幾多の衝撃のラストを見てきましたが、当時の時代的観念からしたら、この作品はその中でも5本の指に入るくらいの衝撃でしたね。

そういうジャンルが好みの方は、是非読んでみてはいかがでしょうか?活字離れしていても、多分一気に読めると思いますよ♪ネット等で調べると、ネタバレが多々存在するので、マッサラな状態で読む事をオススメします。

つーわけで、たまには読書もしないとね(笑)。漫画もいいけど、活字もなかなかオツなもんですよ。時間がなくてあんま読めませんけどね〜(汗)。さてさて、明後日はライブか〜、いっちょ派手にやったるわい!
posted by Seiji at 20:20| Comment(4) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

やまぁだまぁだまぁだやすいんだー♪

image/2010-05-27T23:22:091んどもこんばんばUNDHIFEATのTOKIMEKI切り込み隊長Ikkaです( ̄∀ ̄)

写真は今日のスタジオ後で、いつも使ってるスタジオのねーちゃんがスタジオのHPに載せたいから一緒に写真撮ってもらっていーすかーって事で写真とって、じゃあついでに俺もHP載せたいから撮ってもらっていーすかーな一枚です( ̄∀ ̄)
例の神隠しからメンバーの写真のデータが一枚もなかったんでちょうど良かったす(⌒〜⌒)


でも俺、下に親の敵でもいるみたいになってんね(笑)だって店員のねーちゃんがふざけろって言うからさー
ふざけ方知らないんです(笑)

それはそーと間もなくtake off7でのライブです!
久しぶりにend of…もやるし気合入ってますよー♪今回来れない方も他のライブで披露する予定なんでお楽しみに(^^)v

それはそーとただいま酔っぱなIkkaだけど電車ん中で隣のおっさんがKUSAI!!(´д`;)
これからの時期しょーがないかなぁと思いつつも臭いものはKUSAI!!(´д`;)

まぁ愚痴ってもしょーがないっすな(⌒〜⌒)

皆さん元気すかー(゜∇゜)

IkkaはUNDHIFEATを応援してくれる皆さんが元気なのが何より嬉しいっす(>_<)
UNDHIFEATがきっかけで仲良くなれたとかね…なんつーか、人のお役に立ててる感…たまんねっす(ノ△T)

えっ?うん。オールバックを洗うのは毎日大変ですよ(≧▽≦)

はいっ?えっとね、ワサビはタップリ派です。

ちなみに?そーね〜、やっぱこのブログもせっかく見にきてもらえてんだし、喜んでもらえるような気の利いたこと書きたいよねーできることならねーでも難しいねー( ̄△ ̄)







…か〜ら〜の〜♪










とか言って(-_-)



抱きしめた心のコスモは熱く燃やさないとね!(b^ー°)



はぁ!!!!(°□°;)

はちゃめちゃが押し寄せてくるよ〜(>Σ<)


ってどんな状態?(-_-)


ちなみにリーダーが書いてるUNDHIFEAT結成秘話ね。俺はまだ登場しないけど、全部終わってしばらくした位に番外編として俺目線のIkka加入秘話…別に秘話じゃないけど、リーダーとはまた違った目線の話とかできたらなぁって密かに思ってます♪まぁ…来年くらいになるかなぁ?もったいぶるつもりはないけど、まぁ進行に合わせてっすね♪
ほいではまた♪
ばいびー♪
posted by Ikka at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心霊写真

俺は昔から心霊現象にはかなり興味がありまして、様々な写真やビデオを見まくっておりました!小学校のころは友達と夢中になって心霊写真をさがしたものです。

心霊写真は、観光や記念写真あるいはテレビドラマや映画撮影など別の目的で写真を撮影した場合に偶然写り込んだものと、交霊会などで霊能者が呼び出した霊やエクトプラズムを記録するために意図的に撮影するものがあり、前者は事故現場や自殺の多い場所、人が集まる場所などで写りやすいと言われ、心霊写真と呼ばれるものの中には墓地や滝、絶壁、過去に死亡事故を起こした中古車などを被写体にしたものも多数存在します。

また、心霊写真を集め、専門家や霊能者を自称する人々のコメントをつけた本も多数出版されていて、昔はよくこういった本を買いあさったもんです。

19世紀に撮影された心霊写真には、写真を見慣れた現代人の目にはあからさまに稚拙なトリック撮影と見破ることができるものがかなりあります。

意図せずに撮影された心霊写真は、職業的なカメラマンから見ると、レンズフレア (ハレーション)やガラスの映り込み、フラッシュの反射などアマチュアが犯しがちな技術的な失敗であることが多く、またフィルム送り不良による多重露出である事もある。

例えば、赤っぽい幕のような物はレンズフレアであり、近くに強い光源があると発生する現象だそうです。一眼レフカメラであればレンズフードを使用することにより防げるが、フードを使用しないときやコンパクトカメラを使用した時などによく発生します。 また、車のウインドウやブラウン管のディスプレイに光が反射すると周りにある物体がそこに歪んで映るなどして、顔などが複数写り込んだように見えることも多いそうです。

心霊写真の一種として、オーブと称する物もあり、これはフラッシュを発光した際にストロボ光が空気中の水分・ホコリなどに反射し発生する現象です。また、空気中で結露した水蒸気が湯気となりフラッシュ光で乱反射を起こすことがあり、特に地下からの水がわき出るような所や滝の近くでは夏場などによく発生する現象らしいです。


テレビ番組『特命リサーチ200X』や『USO!?ジャパン』などで心霊写真の作り方がいくつか紹介され、特に後者では投稿で任意に顔や肩の手や巨大な歪んだ顔を既存の写真に貼り付ける手法が公開されました!さらにデジタル技術発達によるデジタルカメラに変わってからは心霊投稿数も減り、上記で報告されたアマチュアによる人為的ミスによる虚像撮影映像が心霊写真と主張されていた可能性があるそうです。


また、心霊写真ではないかとされる写真の被写体が、木や岩、など自然の造形物であることが多く、この場合木々や岩場の複雑な陰影が見方によって人の顔に見えることが多く、写真を撮ったり撮られたりしたものがそのことを気にする事例が多くあった。人間の脳には、3つの点があれば顔に見えるようにプログラムされており、これをシミュラクラ現象(類像現象)というが、これが大半を占めるケースがしばしばみられました。

このように現在はデジカメでだれでもお手軽に写真撮影が出来る次代になるにつれて、心霊写真の殆どが勘違い、あるいは人為的に作り出されたものである可能性が濃厚となってきています。いやはや夢のない時代になったもんですな〜!

しかしこれだけ多くの写真があるわけですから中には本物も紛れている可能性もあります!しかしそれが本物か偽者かを判断する材料がありませんからね〜!まあぶっちゃけ本物でも偽者でも怖けりゃいいかな〜なんて思ってたりします。やっぱりスリル&インパクトが大事ですからね〜!

もしこれは凄い!!っていう写真があれば是非紹介してください!
ではでは!!
posted by Hiroshi at 03:58| Comment(3) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

UNDHIFEAT結成秘話〜暗黒時代 前編〜

またしても随分と久しぶりの更新です。今回も我がUNDHIFEATの聞くも涙、語るも涙の(笑)バンド経歴に是非ともお付き合いください♪今回は前回までで何度も触れていた「暗黒時代」についに突入してしまいます…。
前回はバンドのメンバー体制を変えて、キーボーディストを探し始めるところまででした。それでは、現在こそ派手なライブ活動を展開しているUNDHIFEATが、結成から約1年、まだ初ライブを夢見ていた2004年の1月まで時間を戻してみましょうか!


鍵盤をメンバーに加えるところまで話がまとまったはいいんですが、何せメタル系ってだけでも高ハードルなのに、尚且つ鍵盤となると、もはや絶滅危惧種と言っても過言ではないレベルで人口がいません。ネットを経由しても、全体で1万人くらいいるメンバー加入希望者の中でも5、6人くらいしか該当しないくらいの倍率で、当然競争率も激しい。しかし、不運には定評のあるUNDHIFEATには珍しく(笑)、その時は難無く一人の鍵盤を見つけることができたのです。

それは人づての紹介でした。我流でピアノをやっており、キーボードに非常に興味がある。更に、影響を受けたのはXである。元来やる気重視の俺が断るはずもなく、一度顔合わせをして、すぐにスタジオでリハを行う展開になりました。彼は学生だったため、昼間にスタジオに入るのは難しく、その頃から基本的に夜のリハに変わり、時にはオールナイトで時間をこなしながら、鍵盤を加えたサウンドにバンド全体が徐々に慣れていきました。

キーボーディストが参加した事により、音に幅ができたので、今までに作られた曲も全て鍵盤仕様のアレンジに作り替え、練習を全員でこなしていくうちに、飲みに行く機会とかもできてきて、メンバーと一緒に駒沢公園に花見に行ったのもその時期ですね(笑)。そしてメンバーが揃ったため、平行して曲の録音も開始しました。バンドでなけなしの金を出し合い、音源の編集用にパソコンを購入して、音楽ソフトを使って、レコーディングを行ったのです(レコスタに入ると金が馬鹿にならないため)。当然初めての試みとなるため、かなり苦戦しました。レコーディング自体にもそうですが、何より苦労したのは編集です。なかなか思うようなサウンドにならず、あちらが立てばこちらが立たずで、ずっとパソコンと睨めっこしていた事も多かったです。基本的に編集は昔から理論だけはイッチョマエだった(笑)HIROSHIに担当させましたが、当時は楽器弾くよりもパソコンに向かってた時間の方が長かったんではないでしょうか。それくらいセルフレコーディングは大変でした、プロのエンジニアがどれだけ凄いか実感しましたね!
そんな努力の甲斐もあり、音源が完成した時にはホントに嬉しかったのを未だに忘れません。そりゃ今となれば不完全極まりなく、聴けたモンでもない完成度でしたが、やっと自分達の作った音楽が形になったのだと感動したものです。

5人でのリハをこなすことによって、記念すべき初ライブが近づいて来るのを肌で感じていました。そしてついに我々はライブを実現しようと、ブッキングを探し始め、日程の調節を行う段階にまで達した頃・・・、ある出来事がありました。
その当時、2004年の夏でしたね。楽曲の録音も平行していたので、深夜のスタジオにて我々は早くも4曲目となる音源のレコーディングにとりかかろうとしていました(ちなみに録音の対象になった曲はバラードです。既にお蔵入りとなった楽曲ですが、当時のUNDHIFEATにはバラード曲もあったんですね〜ww)。いつものようにパソコンを持ち込み、その日のレコーディングは鍵盤パートだったんですが・・・、来ないのです、彼が。一時間待っても二時間待っても来ない。携帯も圏外で通じない。妙な胸騒ぎを覚えた俺は、レコーディングパートを、まだ未収録だったボーカルパートに切り替え、無理矢理にその日を消化しました。しかし具合の悪いことに、その翌日も同じ時間でスタジオを取っていました。当然録音されるのは鍵盤パート・・・。言わずもがな、その日も彼は来ません。相変わらず連絡も取れません。そしてスタジオ開始から二時間ほど経過した頃、ようやく俺の携帯に着信がありました。

彼からでした。内容は・・・全て予想通りです。またしてもベクトルはずれてしまっていたのです。理由の一つは「金欠」で、学生の彼にとってみれば、学校に行きながら音楽への金を紡ぎ出すのは至難の業だったようです。まぁその時期の俺達は、音楽で金を稼ぐなんてとてもできないくらいのペーペーでしたからね・・・、金は出て行く一方なわけです(今もだけど)。そして決定的なのは、「音楽には未来が約束されていない」というもの。・・・それを言ってはオシマイです(笑)。完全に価値観がずれています。・・・結局その日の電話で彼は脱退。録音の予定も、ライブへの道筋も、全てが狂ってしまいました。これで6人目となりました。・・・ホントにこれだけは言いたいんですが、人間として「せめて連絡はしろ」。

貴重なキーボーディストを失い、ライブも出来なくなってしまった俺達に、更に不運は続きます。鍵盤脱退の翌月、サポートで結構長くやってくれていたドラマーが、仕事の繁忙と生活スタイルの変化を起点として、ほとんど練習に参加できなくなり、本人の意思もあって、脱退してしまいます。これで7人目。・・・何と、つい先日までライブを目前に控えていたような上向きの状況から一転し、いきなり同時期に2人もの脱退者を出して、完全にバンドとしての機能すら失われてしまったのです。しかもドラムと鍵盤という、メタル系ではレア中のレアと思われる2パートです。さすがにリズム、リードの一角が両方不在となると、これは最早ライブどころではありません。ここからが我がUNDHIFEATの暗黒時代の幕開けとなります。

5人編成のバンドが、いきなり3人になってしまっては、できる事も限られてきます。本来ならばメンバーが見つかるまで活動休止とかにするところなんでしょうけど、俺はそれだけは絶対にやってはならないと考えてました。ここで活動を休んでしまったら、ヤル気も気概も失い、自然消滅も有り得ると思ったからです。何せそれくらいに俺達の落胆と失望は酷いものでした。かつてないくらいに途方に暮れましたね。ドラマーだけでも今までとてつもなく苦労をしたのに、更にレアな鍵盤が加わり、一体これからメンバーを見つけるのにどれほどの時間がかかるのか・・・、想像するだけで溜息しか出ません。しかし、活動を続けなければ、溜まり溜まったモノが一気に爆発し、緊張の糸が途切れて、全てを諦めてしまう可能性もあるくらいの状況故に、半ば無理矢理にメンバー不在のまま、活動を継続しました。・・・とはいえ、さっきも言った通り、できる事はかなり限られます。まずスタジオでのリハが相当困難になります。ライブも当然できません。そこで俺達は、とにかく中途半端に着手していたレコーディングだけは終わらせようと決意し、鍵盤とドラムを全て打ち込みに差し替え、当時15曲近く作り溜めた楽曲をひたすら録音していく作業に徹底しました。パソコンと音楽ソフトを使っているため、ギターとベースは宅録でイケるので、スタジオには専らボーカル録りのために入り、週1だったバンドの集合を週2に増やして、その増えた一日を録音した音源の編集に費やし、知らず知らずのうちに俺達はバンドであるにも関わらず、スタジオに入るのに楽器を持たず、演奏もしない日が増えていきました。

当然メンバー探しは常に継続していました。ネットのメンバー募集掲示板やリンクには毎日目を通し、自分達からも加入希望の人には、積極的に声をかけていき、挙句にはメン募ビラを作製して、街中のスタジオやライブハウスに直接貼りに行ったりもしました。東京だけでは飽き足らず、わざわざ横浜くんだりまで貼りに行ったりして、50箇所くらいは回りましたかね(笑)。しかしその結果たるや、散々なモノでした・・・。何より致命的だったのは、「1人加入しても動き出せない状況だった」ことです。何せリズムとリードの両方に穴が空いてるわけですから、2人加入しないと意味がありません。プッシュの甲斐あって、何人か連絡をくれた方がいましたが、上記の理由と、我々のように、ライブ実績もなければ、レーベルに所属してるわけでもなく、CD販売もしていないバンドに振り向く人材は皆無でした。連絡が来る度に「ライブの集客は?」とか、「CDの売り上げは?」とか、「ワンマンの経験は?」とか聞かれるのにウンザリしてましたよw

・・・当時2004年秋。このどうにも動けない暗黒時代は現在のドラムであるIkkaが加入する2007年まで、ずっと継続することになります。その空白の3年間を、俺とDAIとHIROSHIがどのように過ごしたか、それは次回でまた書きたいと思います。

では今回はこのへんで♪相変わらず長文ですね〜・・・、読むの疲れるかもしれないけど、まぁそこは気合いで(笑)!

TO BE CONTINUED...
posted by Seiji at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慚愧に抱かれ私は

どもこんばんは( ̄∀ ̄)
UNDHIFEATのニセゲキカラ社長ことIkkaです♪
うそです。もちろんです(/_-)

今日のスタジオはね〜、ひーろすぃ〜がiPodを忘れてきまして(-_-#)んもぅほんとひろしったらおっちょこちょいなんだからぁって思ったかは別にして、スタジオ後に前々から焦がれてたGE〇(隠字)に雨ん中気張って行ったんだけどね、とゆーのも例の神隠し事件で音データがすべてぱぁ(」゜□゜)」になったもんだからね、もぉ切なくて…いよいよ本日初上陸だったんだけど池袋のGE〇(隠字)レンタルCD置いてねーでやんの(T∀T)

そうかGE〇(隠字)くん…君まで僕に背を向けるんだね…でもいーんです。僕にはテナガコウモリのテヅカ君がいるんだから。
うそです。ぼくは極楽鳥の舞なんで繰り出せません(-_-#)

いやぁでもほんとそーともなるとどこで借りべ…やっぱTのお店かなぁ〜…

ところで今日はどーもテンション的なものが上がってこないっす(-д-)

甘えてねーではよボケろやこのクソヤローが
(ノ*`д´*)ノ≡┻━┻

って思ったあなた…だって今日も電源押して全文消えたんすもん(ノ△T)弐千拾年にもなって電源を軽く一度触れたくらいで全文なくなるってどーなのょ(ノ△T)

皆風邪には気をつけよーね(゜∇゜)


あーおぃうーみが呼んでる〜♪

Ikkaでした帽子帽子帽子帽子帽子帽子帽子
posted by Ikka at 00:49| Comment(4) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

有限会社難波重金属の

LIVEがありました!
横浜のドラゴンクラブってライブハウスで。
天気はあいにくの雨でしたがたくさんのお客さんに来ていただいて
大盛況でした!
今回はディオのwe rockをやったんですけど、お客さんの反応がいまいちでした(笑)
でもLIVE全体としては、非常に盛り上がったし、大成功だったと思います!
LIVE後には花なんかももらっちゃったりして(笑)
今回やらしてもらったドラゴンクラブですけど、やっぱり新しいだけあってキレイだし、設備もしっかりしててよかったです!
ただいま打ち上げ中です〜
明日はアンディスタジオだぁ〜
posted by Dai at 01:14| Comment(4) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

サプライズ

5月5日、コペンハーゲンのバスの運転手が、とても心温まる誕生日のお祝いを受けたそうです。何も知らないのは運転手ただ1人。普段通りにバスを運行していると乗り込んで来た客らも含めて、アッと言う間の大合唱が巻き起こった!

誕生日をお祝いされたのは、運転手のムフタールさん(41歳)。サプライズの一部始終はバスの監視カメラ他、数台のカメラでこっそり撮影されていたそうです。
お祝いの様子は動画共有サイト『Youtube』に公開されています。実はこのサプライズ、彼が勤めるバス会社『Bedre Bustur』が計画したもの。この会社は、乗客に心地よくバスを利用してもらうために、従業員の就労環境の向上に努めているようです。このサプライズも、ムフタールさんの普段の仕事を讃えるために行われたんだそうです。

素晴らしい話ですね〜!日本では中々考えられません。もちろん日本でも様々なサプライズがありますが、平凡なバスの運転手を祝うサプライズとしては規模が凄いです。なにしろ会社側が企画したサプライズらしいですからね〜!普通では考えられません。

このんな粋な計らいをする会社で働けたらいいなと思いますね〜!
こういう会社なら従業員もさぞ勤労意欲に溢れているでしょうし、なにより職場の雰囲気がかなりよさそうです!



まあ音楽やってるんで、もちバイトとしてね〜!


posted by Hiroshi at 04:32| Comment(3) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

5/14のライブ画像です

クレッシェンド10.JPG    クレッシェンド12.JPG    

クレッシェンド8.JPG    クレッシェンド15.JPG    

クレッシェンド6.JPG    クレッシェンド16.JPG

・・・ということで、ライブから一週間が経ちましたが、初のライブ画像アップです。今までは文章でのライブレビューのみでしたが、我々のライブは何せパフォーマンスも重要な要素を兼ねてますので、目で確認できるモノがないとわかりにくいかと。今後のライブに関しても、極力アップしていきたいと思います♪

あと、今後かなりライブが増えてきますので、そのうち行われたライブ映像をいくつかピックアップして、DVDとして無料で皆さんにプレゼントしようかな〜、なんて考えてます(笑)。ライブに来れない日があっても、後日DVDで楽しむこともできるかなと♪その時のライブによって出来不出来はあるはずですので、ダイジェスト的な感じになるとは思いますが、まあ一応そういうお話もあるよってことで!

耳で聴き、目で楽しみ、身体で感じることの出来るバンドってのがUNDHIFEATの理想ですからね!では次のライブも、その次のライブも、そのまた次のライブも、是非とも期待しててくださいな(^▽^)

↓おまけ
image/2010-05-15T00:26:401

5/14の打ち上げでのひとコマです(笑)。
posted by Seiji at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続き

例によって書ききらんかったです(/_-)

まぁスミに関しては賛否両論あるからね、俺のお袋なんかは親から貰った大事な身体に的な人。もちろん正論だけど、俺は、俺の人生を行くってことすな。そもそも今の生活自体親不孝だしね(笑)
とはいえ、両親は大切にしたいもんです。本当に!本当に両親には感謝してるしね。
正直、両親の悪口を簡単に口に出来る人には小一時間説教くれたいくらいす(・ω・)
特に俺の場合、環境的に両親どっちにもすげー感謝を感じれる育ち方というか…って話逸れすぎじゃね( ̄□ ̄!!

スミの話に戻すと、初給料でスミ入れるって、二十代前半くらいで達成したかったけどね、未だ叶わずですわ(^皿^;)
願わくば、一日も早く、天舞う鳳凰と一緒の人生にしたいもんです。
何度も言うけど、本来自分を戒めるものだから、気軽に入れるんはオススメできません(-_-)
若気の至りとか…そんなんじゃ済まされない事だから、やっぱそーとー根性据えて考えてほしいっすね。

偉そうになっちゃってすいませんm(_ _)m

伝統の話からスミにいったけど、スミ以外でも、日本古来からのものには敬意を評して、大事にしたいって心は忘れたくないすね。
だって日本人なんだから。


…ってもしかして未だタイトルのスコーンの話してねんぢゃね
( ̄□ ̄!! 


…ピルクルはお腹にいんぢゃね
( ̄□ ̄!!


…明日はすげー晴れるんぢゃね
( ̄□ ̄!!


…カップ焼きそばって実は焼いてねんぢゃね
( ̄□ ̄!!←これ前使ったっけ?まぁいいや(-_-)

今度こそ洗濯物干します。

















…TOKIMEKIって大事ぢゃね
( ̄□ ̄!!


また月曜にお会いしましょう(^^)v
posted by Ikka at 01:57| Comment(5) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カリっとサクっとおいしいスコーン♪

んどもこんばんはUNDHIFEAT愛の戦士Ikkaです。うそです。
ほのぼの系ナラマカセロIkkaです。
いや〜雨でしたね〜Ikkaは最近めっきり見なくなった海パン芸人バリに関係ないね!って気持ちで今日は傘なしで乗り切りました(-_-)んでも雨に濡れても『さっぶ!』ってならない季節になってきましたな( ̄∀ ̄)

ところで今し方クレッシェンドの映像見ましてね、個人的にはまずまずじゃないかな〜なんて思ったりでね、HEAVY! METAL!! BAND!!! UNDHIFEAT〜も決まってたし(^-^)
ほんと個人的にはね〜ROSAの悪夢再び…になるんじゃなかろーかと!不安もあったんすけどね、対バンさんの評判もよかったしね、、、神隠しさえなかったらなぁ…良かったんだけどなぁ〜まぁそれはそうとね、韓国と北朝鮮がピリピリしだしましたね。今回のはなかなか当事者もちろん世界的にももちろん日本にもワラエネー感じっすね。
ほんと武力衝突が目と鼻の先で繰り広げられるかもしんないわけだからね、まぁさすがにそれはないと思うけど、 しばらく緊張した感じは続くでしょうね。皆もいつもの事でしょくらいに思っちゃいかんですょ(-_-)実際何十人も犠牲になってるしね。

んまんま、難しい話は逸らしときますか。

とりあえずお知らせでもしますか。ここ一年半くらいでアド含め連絡先が変わったIkkaのリア友さんはメールください(/_-)データ根刮ぎヤラレてるから、ご協力お願いしますわ。Ikka嫌いな人は送んなくていーすわ(-_-)


さぁて!洗濯物干すべ(・ω・)

水の様に優しく〜花の様に激しく〜♪
家に〜帰れば筋トレばかりの筋肉オンリーマッチョマン♪


…マッチョマンはさておき伝統って素晴らしいですよね。
今日スタジオでちょっとスミの話になってね、スミ…和彫りとも言うけどIkkaは入れたい派です。
もともとは江戸時代だっけかな?囚人の目印に入れだしたんがたしか始まりだと思うけど、俺は立派な伝統だと思う。タトゥーと違ってスミは己を戒めるもので俺は、高校ん時からドラムで給料もらえるようになったら最初の給料で鳳凰を入れたいってずっと思ってるんだ。ずっと音楽でやってくってゆー決意の証と世界に羽ばたけるようにって願いを込めて。もちろんファッションじゃないからシャツ着てれば見えないくらいのとこにね。
posted by Ikka at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

アニソン

今日たまたまyahooのトップページをみたらトピックスに「世界中でファン続出!日本の“アニソン”が熱い!」なんてのがありました。少し前までアニソンはオタク文化とも言われてきましたが、水樹奈々等のシンガーや「けいおん!」などのアニメ主題歌によって、日本のオリコンヒットチャートのトップ10に入るまでになってきているそうです。今やアニソンは立派な日本文化の一つといっていいと思います!


で、俺がなんでアニソンの話をいきなりしだしたのかというと、このアニソンとメタルは実は切っても切り離せない関係にあるからです。1980年代はまさに日本ではメタル絶頂期で、この頃は音楽雑誌のYOUNG GUITAR誌とロッキンf誌が日本のヘヴィメタルバンドの為にフェスティバル等を開いたりと積極的にヘヴィメタルを盛り上げていた時期でした。
1983年にはアースシェイカー、44MAGNUM、マリノ、X-RAY、MAKE-UP、と言った関西勢のヘヴィメタルバンドが次々とデビューを飾り、一方東京からは1984年にBLIZARD、AROUGEがデビューを果たしたりして日本のメタルは多いに盛り上がっていたそうです。


しかし90年代に入ってグランジブームが到来し、メタルは一気に衰退の一途をたどっていきました・・・
そんな中で80年代を第一線で活躍していたメタルバンドは次々に解散していき、メタル一筋では生活してゆくことすらままならなくなる者が続出した。これらの中には生活費と音楽活動の資金・コネクションを確保・維持するため、あえてメタルの看板を外して、J-POP系やアニメ関連楽曲の作曲やプロデュース、バックバンドに活動の軸足を移し、活動範囲を拡大していった者も少なくないそうです。


つまり今のアニソンを作っている人達は元メタラーが多いんです!
よくメロディックメタル聴くと「アニソンみた〜い」などとのたまう輩がいますが、逆です!!アニソンがメタルみたいなんです!


そんな日本のアニソンも今や世界規模で盛り上がっているそうです。日本を代表するアニソンシンガー影山ヒロノブ氏(因みに彼もメタラーです)曰く
「いままでライブを行ったのは、ブラジル、メキシコ、スペインなど8カ国。初の海外ライブは95年、スペインで開かれた日本博のイベントでした。ヨーロッパ各国から1000人が集まり、1曲目の『CHA-LA HEAD-CHA-LA』で、男たちが拳を振り上げて大合唱する光景には感動しました。アニソンが世界的に盛り上がりはじめたのは、ここ2〜3年。海外からのオファーも、アメリカやフランスを含め年間10件以上あります。ブラジルでは毎年大きなアニメフェスが開催されていますが、去年はライブの観客が1万人を超えたんですよ」
いや〜凄いですね!!元メタラー達が作り上げたものが今や世界規模ではやっているという事実は、かなり元気付けられます。日本のメタルもそうなる可能性を秘めているということですからね!


アンディフィートも世界規模で聴いてもらえる存在になるよう日々精進していきたいと思います!!
ではでは!!
posted by Hiroshi at 04:45| Comment(3) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

WE ROCK!

先週は月曜にライブで、木曜リハで、金曜ライブ、そしてまた月曜にリハと、まさに音楽に没頭した一週間でしたな〜。まぁ本来これくらいが理想っちゃ理想ですが、一週間で二本のライブをこなしたのはウチのバンドでは初めての出来事で、一週間の半分以上をメンバーと過ごしたのも初めてでした(笑)。次回のライブは5月30日で、少し間が空きますから、またいつも通りの生活がやってきて、なかなかに気持ちの切り替えも難しいですねぇ…。

あ、ワニのコさん。ライブの写真ですが、近々アップする予定です、楽しみにしててください♪やはり写真の一枚くらいないと、我々のライブの臨場感は伝わらないですからね(笑)。

それはそうと、巷では既に話題となってますけど、メタルボーカルのカリスマであった、ロニー・ジェイムス・ディオが先日亡くなったそうですね。俺は最後に見たのは2006年のラウドパークでしたが、当時既に還暦を越えていたのに、非常にパワフルで非常にクオリティの高い歌唱力をまざまざとオーディエンスに見せつけ、まさに「生涯現役」を地で行く存在感に驚嘆したのを覚えてます。去年から胃癌との闘病中だとの話でしたが、まさかこんなに早く生涯を終えるとは思いもしませんでした。間違いなくメタル界に多大なる衝撃と影響を与えたボーカリストであったと思います。

…彼の死は、メタル業界にはこの上ない程の激震だったわけですが、やはりジャンルの悲しさか、世間一般における扱いは小さいようです。Yahooの昨日のニューストピックを見る限り、田村正和が長髪をバッサリ切った事の方が重大事項のようですからね(泣)。まぁそれも致し方ないことかもしれませんが。これがリッチー・ブラックモアやオジー・オズボーンとかだとしたら…、あんま変わらないかなぁ。

posted by Seiji at 14:05| Comment(4) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心地良い

今し方ゴミ捨てに外に出たらほんの〜り明るくなり始めてて、涼しいって感じの陽気で遠くで小鳥がピチピチ言ってて気持ちいいね。俺地元がご存知なかなか田舎なんだけど、俺んとこ真夏でも朝は半袖じゃ少し寒いくらい、ちょうど今みたいな陽気になるのね。こっち(都心)は真夏は夜でもあちーでしょ。
まだ虫もあんまいないし、いい季節やね( ̄∀ ̄)

梅雨入りまではこの時間気分良く過ごせそうっすな~
なんてことないんだけど、気分が良いもんでUPしちゃいました(゜∇゜)タハ

さーて、あたす風呂へーって寝るですよ(-д-)zzZ


ははは〜人がゴミのようだ〜(」゜□゜)」

ばいばい
posted by Ikka at 04:13| Comment(4) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全文消失

おまっとさんでしたあんでーふぇーとのほのぼの系Ikkaですよ(o^ω^o)♪
注目の携帯は結局新しく購入ですょ(−ω−;)
手痛い出費ですな、まだ無くしたヤツの代金払ってる途中なのにね(>_<;)

まぁ過ぎた事はスパッと切り替えて、まずはクレッシェンドにお越しいただいた皆様ほんとありがとうございました!(b^ー°)そして対バンの皆様、関係者の皆様、いやぁほんとお騒がせして申し訳ありませんでしたm(_ _)mそしてほんにありがとうございました!話させてもらったり髪盛ってもらったりももちろんなんすけど、なにより皆様の演奏で楽しませてもらえした。久しぶりに対バンさんの演奏でテンション上がってました♪
そして皆様とは今後必ず、また一緒にステージに立つ日が来ると確信してますよ!そん時は、願わくばもっとドデカいステージがいいすな( ̄∀ ̄)

てかね、このブログ一時間かけて書いた内容が電源押したかなんか知らんけど一瞬で消えました(-_-#)
もぉやる気なしですよ。どぉにかやる気振り絞ってここまで復旧させましたけどね、ほんと俺の一時間返してほしいっす(-_-#)

もぉね…このテンションでもってふざけて行くのは、豆腐の角に頭ぶつけて死ぬくらい難しいっすよ(-д-)
とりあえずね、打ち上げん時の話とか今日はメンバー紹介するよってなこと書いたんすよ(-д-)

でももーいーです(-д-)

けっ( ̄д ̄)

今日はIkkaくんヤサグレちゃったんで勘弁してくださいm(_ _)m

何もかもこの携帯が悪いんですよ。

ところで俺の好きな歌の歌詞に
『信じ続けているか逃げてはいないか 二度と繰り返さない時間の中で 雨に打たれ風にあおられ 夢喰らう街で俺はあがいてる』
ってのがあるんだけど、たまに聴くとほんと染み入るんだよね。
あと散々呑んだ後にカラオケで哀愁交差点歌うとほぼ100ぱーで泣きそうになります(/_-)

あぁ…カラオケ行きたくなってきたな。去年L@N赤坂の待ち時間にリーダーとひ〜ろすぃ〜(梅さん風)と行ってから行ってねーな…

まぁんなこたどぉでもいいすね。


カフェられるならカフェなくカフェました。

…俺もわかんねっす(-_-)

…そうだ(゜∇゜)



…お風呂で左肘洗ってこよっと♪

んじゃまたねん 
posted by Ikka at 01:28| Comment(4) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

日曜の渋谷は人が多いなぁ

ってわけでHUBは相変らず忙しいです。。
ただいま休憩中のDAIです!

最近進撃の巨人というマンガを読みましたが、ホント面白いです!
まだ一巻しか出てませんが。しかし先がムチャクチャ気になります!
完結してから読めばよかった......。次の巻は七月だけど、そのあとはすごい先になりそう。
こんなに先が気になるのはガンツ以来だわぁ。
そのガンツもタエちゃんが巨人の要塞に拉致されちゃって急展開の予感!

やっぱりここまでくると絵の上手い下手とかじゃなくて、
内容が何より大事だなと実感します。

まぁ、僕が単にフィクションが好きだからかな(笑)


映画ではクライモリシリーズの最新作を見ましたが、グロさは倍増
してるものの、初期の強烈なブレッシャーは皆無でした。
CGも明らかにCGって分かるので萎えましたねー。

そろそろボクにREC2を見させてください(泣)
posted by Dai at 19:46| Comment(4) | TrackBack(0) | DAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

棚卸

昨日は久々のオール打ち上げだったんですが、無事寝過ごすことなく家にたどり着けました!でも流石に今日の仕事はきつかったですね〜・・・
二日酔いはなかったんですが、寝不足&飲みの次の日のけだるい感じで絶好調とはいいがたい状況での仕事でした。


で今日の仕事はタイトルにもあるように地獄の棚卸です。皆さん一度は聞いた事あるんじゃないでしょうか?店の在庫を全部確認する地味でしんどい作業です。


普通は月末にやるもんだと思ってましたが、うちの店は月末プラス15日に中間棚卸があるんですよ〜・・・しかもうちは結構でかい店舗なもんで数える物が超大量にあります!日本酒、焼酎、リキュール、ワイン等々店にある全ての酒類を数えるわけです。しかも俺一人で!!さらに普通の営業と両立して行うのでかなり大変な作業です・・・まあ何とか無事終わったんで良しとしましょう。


因みに結構前に某飲食店に飲みに行こうとしてたときのことです。
その店の営業時間的には、まだまだ余裕のある時間だったんで入ったんですが、なんと「すいませ〜ん!本日は棚卸なんで閉店しました〜!」と言われたことがあります!!
ぶっちゃけ棚卸で店を早く閉めるなんて聞いたこともありません!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんて素晴らしいシステムなんだ〜〜!是非うちでも取り入れて欲しいモンですな〜〜!






posted by Hiroshi at 03:43| Comment(3) | TrackBack(0) | HIROSHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

LIVE in 吉祥寺クレッシェンド!!

image/2010-05-15T00:27:511どうも皆さん!本日はリアルタイムブログでお送りします(笑)。本日、っていうかさっき、吉祥寺の老舗メタルライブハウスである吉祥寺クレッシェンドで我がUNDHIFEATのライブが行われました!来てくれたお客さん、そして対バンの皆さん、ありがとうございました!&お疲れ様でした!

今回は初めてやらせてもらったハコだったんですけど、いや〜、実はアクシデントの連続だったんです…。俺達はいつもライブ前には必ず当日にスタジオでリハをしてから、ライブハウスに行くようにしてるんですが、その時点でまず俺のエフェクターが壊れてまして…。昨日までは何の問題もなく動いていたのに、何故かいきなりシステムが大破したんです(泣)!もう4年くらい使ってるから寿命だったのかもしれません…。しかしよりによってのライブ当日なので、調達するわけにもいかず、何とエフェクターを通さずにアンプ直結でしのぐというメタルバンドらしからぬギターラインでプレイしなければならなくなり、ホントに散々でした…。誰か気付いたかな?

そして更にウチのペースが、打ち込みサウンドで使ってるipodを繋ぐミキサーのアダプターをライブ直前に紛失するという事態が発生した。ライブハウス側にたまたま近いタイプのアダプターがあったおかげで何とか事なきを得ましたが、本番直前にメチャメチャバタバタしまして…、ホントに皆さんにご迷惑をおかけしました…。ちなみにそのアダプターは撤収前に対バンのメサイアさんの協力を経て無事に見つかりました。メサイアさん、ありがとうございました!そしてウチのドラマーの髪もセットしていただき、ホントにお世話になりました!!

そして極めつけは、ドラマーのIkkaが撤収の際に携帯を紛失するというアクシデントが起こり…、それは未だに見付かってないです。
…というわけで今回は裏話的には全然笑えないライブでしたけど、とりあえずライブ自体は無事(?)こなせたし、対バンの方々も最後まで残って演奏を聴いてくれたし、自分達的には凄く楽しめた一日でした♪ホントにクレッシェンドのスタッフさんにも対バンの人達にも迷惑かけっぱなしで申し訳なかったですね〜…。
そして今我々は打ち上げで新宿に戻ってきまして、メチャメチャ久しぶりにオールナイトで盛り上がってます!色々な災厄は忘れて、とにかく飲め飲め!…つーわけで写真貼ります(笑)。

今日はホントにありがとうございました!メンバーの画像で癒されてくださいww
posted by Seiji at 00:30| Comment(7) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。