2010年04月02日

SONATA ARCTICA


http://www.youtube.com/watch?v=I54AtTNkIXk

俺が大学生の頃に激烈にハマッた、今となってはメロディックスピードメタル(通称メロスピ)好きならば知らない人間はいないであろうフィンランドのメタルバンドです。最近しばらく聴いてなかったんですけど、久しぶりに聴いてみたら・・・、いや〜、やっぱいいですねぇ!

現在同様、俺が大学生の頃から、メタルは別に流行ってはいませんでしたけど、彼らは突如彗星の如く現れ、キャッチー且つ美しいメロディラインでHELLOWEENの再来とも称され、その後のメロスピ業界に多大なる影響を与えてくれたものです。俺が今のバンドを組んだキッカケの一つに、彼らの存在があったことも、大袈裟ではなく事実としてあります。(曲調やスタイルはかなり彼らからのインスパイアが強いです)

何より彼らの一番の功績は、「一般的なメタルにおける価値観を覆せる楽曲を多く提供したこと」だと思うんですね〜!ぶっちゃけメタルを聴いたことがない方でも、1990年代に流行ったビーイング系(当時のB`z、WANDS、T-BOLANなど)や、ビジュアル系(X、LUNA SEA、GLAY、L'Arc〜en〜Cielなど)を好んで聴いていたのなら、SONATA ARCTICAは間違いなく嫌いなジャンルではないと思いますよ♪それくらに聴きやすくてキャッチーです。俺の知り合いにも、SONATA ARCTICAを聴いてメタルの価値観が一変し、知らないうちにメタラーになっていた人間が結構いますからね(笑)。ノンメタラーとメタラーを繋ぐ橋渡し的な存在、という価値観は、今の俺のバンドのコンセプトにもそのまま反映されております。現在はメロスピ業界が衰退化している煽りを受けて、SONATA ARCTICAの音楽の方向性も変わってきてしまってますが、間違いなくメタル界に革命をもたらしたアーティストといえます!

そんなわけで、メタルなんて知らん!という人からすれば「誰やねん?」って話だと思うんで、論より証拠ということで、Youtubeから動画(音源)を借りてきました。「Silence」というアルバムに収録されたバージョンの「San Sebastian」 という曲です。これは俺が彼らに激ハマリするキッカケとなった曲で、かなり思い入れが強いので、他にもイイ曲はたくさんあるんですが、コレにしました。もしご興味があったら、調べて他の曲も聴いてみてくださいな(丸投げ)♪
posted by Seiji at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | SEIJI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続き

まぁた書ききらなかったf^_^;

話し続けると何千年単位でそんな争いを続けてきて、こっちは身内を殺され続けてきてるって双方で思ってるわけだもんね。そんな人たちに争いは良くない。やめましょうって言っても、難しいよね。
一つの民族対立とってもそんな状況にあって、、ん〜なぁんかうまく言えないなぁp(´⌒`q)

てかやっぱブログで戦争テーマは難しかったなぁ(--;)

皆それぞれ考え方あるだろし、じゃあお前はそれを踏まえて平和の為に何してるって言われても言葉詰まるし、なんか偉そうな文面になっちゃってすげー自分陳腐に思えてきたp(´⌒`q)


すんません。相変わらずまとまんないけど、まぁ一つの見方として、こんなんもあるくらいで、今回のブログは流してもらえるといいすわぁ。

本当尻つぼみで申し訳ない。次もしこんな話する事があれば、いまちっとうまく話せるようにします。

最後に、平和。って言うのは簡単だけど、数えきれない犠牲の上にある事だけは忘れちゃいけねーなって。今も命懸けで戦ってる人たちもいるんだなって。分かりきった事だらけで今回すんません。


ほんと、ここまで書いたんでUPするにはしますけど、今回のは流してくださいm(_ _)m


Ikkaですたm(_ _)m
posted by Ikka at 00:41| Comment(2) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE WAR

今日はめっきり暖かいすなぁ(´▽`)んども皆大好きIkkaくんだょ!(b^ー°)

…うそです。嫌われもんです。むしろマニア向けです。というより…んなこたどぉでもいいんじゃい(ノ`△´)ノ

…すんません例によってまた自己紹介でキレてますIkkaです。どうぞよろしく。


それはそうとね、タイトルにそって今回は戦争について考えてみすわ。
でかいテーマなんで深くすると底が見えないから浅く一つの側面だけかい摘まんで話してきますね。

戦争、、なくなんないすね。人類の歴史は戦争の歴史って耶愈されるくらいすもんね。当然俺は反対です。

皆は好き好んで戦争したい人はいないって思うかな?
残念ながら答えは“ノー”ですよね、残念ながら。
悲しいけど今の地球は戦争によって成立してる部分もあるしね。極端な話明日からまったく戦争なくなりますってなったらまずアメリカは潰れるしそうなったら日本も潰れるみたいなドミノ倒しみたく世界は崩壊しちゃうんじゃないかな。そんくらい軍事産業が世界を支えてしまっている。結局、どこかで戦争してないと成り立たない世界になっちゃってるもんね。
オバマが軍拡から軍縮に進めたい姿勢を示してるけど、結局JFKにしても弟のロバート・ケネディにしても殺されちゃったもんね。詰まるとこ、戦争をなくすと儲からないって側面が強くて、命とかそんなんとは別のところの話なんだよね。


何が言いたいかってーとね、自分の理念がねー奴が戦争反対と言うじゃない。戦争反対っていうのでは同意見だよ。でも戦争反対って言いながらあいつぶっ殺すとか平気で言う奴もいるでしょ?そのメンタリティも根本で争いを肯定してるわけだし、どことどこが戦争してる。先にしかけたのはあっちだからあっちが悪い。とかね。そこに行き着くまでの歴史を知らずに簡単に戦争反対ってのは違うと思うの。

例えばジャイアンが毎日のび太をいじめて瀕死にまでしちゃったとして、今度は標的をしずかちゃんにしたとして、しずかちゃんに手を出したところでキレたドラえもんが空気砲でジャイアンぶっ飛ばしたら、構図としてジャイアンぶっ飛ばしたドラえもんが悪でやられたジャイアンが被害者になるわけでしょ?

すげーわかりやすく言うと民族対立ってそんな感じの繰り返しでじゃあ本当に悪いのは誰でしょうって言うと正解はないからねぇ。
ジャイアンも実はジャイ子の為でしたみたいな話も付いてきちゃうから。

posted by Ikka at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Ikka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。